温暖化で光害が増す北極海、水深200mの生物も混乱

注射器を使用し2匹のホッキョクダラから血液を採取するモーガン・ベンダー氏。光害の実験を妨げないよう、かすかな赤い光だけで作業しなければならない。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL O. SNYDER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー