温暖化で光害が増す北極海、水深200mの生物も混乱

ノルウェー、スバールバル諸島北、氷の海で研究船に乗る北極圏研究者たち。極夜の最中で、光はほとんど見えない。ボートが転覆した場合に備えてサバイバルスーツを着用し、ホッキョクグマに出くわした場合に備えてライフルを携行している。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL O. SNYDER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー