研究者すら見たことない! 珍しいナマケモノの出産

観光ガイドが撮影した、へその緒でぶらさがるナマケモノの赤ちゃん動画

2020.03.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コスタリカの「アヴィアリオス・ナマケモノ保護区」のノドチャミユビナマケモノと赤ん坊。資料写真。(PHOTOGRAPH BY SUZI ESZTERHAS, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 コスタリカで、非常に珍しい奇跡のような場面が目撃された――ミユビナマケモノの出産シーンだ。

 旅行会社「カノア・アベンチュラ」のガイド、スティーブン・ベラ氏は、コスタリカのアレナル火山国立公園からほど近いラ・フォルトゥナ付近を車で走っているとき、窓から見えた木にノドチャミユビナマケモノ(Bradypus variegatus)がいるのを見つけた。ベラ氏は、道の脇に車を止めた。もちろん、このナマケモノが出産間近であること、これから劇的なシーンの目撃者となることなど、知るよしもなかった。

 まずはスティーブン・ベラ氏が自身のfacebookに投稿した、野生のナマケモノが木の上で出産する姿をとらえた動画を見てほしい。


 ナマケモノの赤ちゃんが母親の体から出てきた直後、母親は赤ちゃんを支えようと腕を伸ばすが、うまくつかめなかった。万事休すで、赤ちゃんは地面に真っ逆さまに落ちて行くかと思いきや、なんと「へその緒」で空中にぶら下がり、事なきを得た。この光景を見ていた人々が息をのむ中、世界一動きの遅い哺乳類とは思えないほどの素早さで、母親はもう一度、腕を伸ばして赤ちゃんを抱き寄せ、その体をきれいになめたのだ。 (参考記事:「かわいすぎるナマケモノの赤ちゃん、笑顔の奥には…」

「本当に驚いた」と、動画を撮影したベラ氏はフェイスブックに書いている。「運を使い果たして、僕はもう死ぬんじゃないかな。あれほどすばらしい光景には2度と出合えないだろう」

 ベラ氏の意見はおそらく正しい。ナマケモノの出産を目撃することは非常に珍しいと、コスタリカを拠点とする保護団体「ナマケモノ保護財団」事務局長のレベッカ・クリフ氏は述べている。「こうしたシーンを見たことがある人は、そんなにいません。しかも、ミユビナマケモノとなると、かなり珍しいことです」 (参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」

 というのも、ナマケモノは人前にあまり姿を見せず、大半を樹上で隠れて動くこともなく暮らしているからだ。さらにフタユビナマケモノと比べると、4種いるミユビナマケモノはどれも、野生で目撃する機会に恵まれることはない。

 ここで疑問に感じるのは、樹上で生まれるナマケモノの赤ちゃんの「へその緒」は、普段から動画のように命綱として機能するのだろうかということだ。しかし、そもそも目撃例が少ないことから、はっきりしたことはわからない。

 いっぽうで、この動画は、市民が科学に参加することが重要であることを、よく示している。市民による調査や研究は、動物の行動について、科学者も知らないような貴重な情報を提供してくれる。それだけではない。野生動物の目撃情報は専門家が保護計画を立てる際に、データとしてとても参考になる。(参考記事:「ナマケモノ、実は賢い? 「生存に完璧に適応」」

 なお、中南米の保護地域に広く生息するノドチャミユビナマケモノは、絶滅の危機に瀕してはいないが、ピグミーミユビナマケモノなど、ほかの種は絶滅危惧種に指定されている。

次ページ:危機一髪、落下した赤ちゃんは

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加