6日間でなんと10万回の火山雷が発生、鍵は大量の氷だった

2018年末のアナク・クラカタウ山噴火、「途方もない規模の雷雨」と研究者

2020.03.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月の噴火による噴煙でかすむ火山島アナク・クラカタウと稲光。撮影の2週間前に島の山腹が崩壊し、発生した津波が周囲の島を襲うとともに、6日間にわたる雷雨が始まった。(PHOTOGRAPH BY ØYSTEIN LUND ANDERSEN)
2019年1月の噴火による噴煙でかすむ火山島アナク・クラカタウと稲光。撮影の2週間前に島の山腹が崩壊し、発生した津波が周囲の島を襲うとともに、6日間にわたる雷雨が始まった。(PHOTOGRAPH BY ØYSTEIN LUND ANDERSEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年12月、それまで数カ月にわたって小規模な噴火を続けていたインドネシアのアナク・クラカタウ島で、山体が崩壊した。南西側の山腹が地滑りを起こして海に流れ込み、押し出された水の壁が、近隣のスマトラ島とジャワ島を襲った。この壊滅的な出来事で生じた津波によって、430人が死亡し、数千人が負傷した。(参考記事:「インドネシアの火山津波 警報が出なかったわけ」

 しかし、山体の崩壊は、アナク・クラカタウ山が荒れ狂う始まりに過ぎなかった。火山は高さ数千メートルに達する噴煙を上げ続け、激しい雷雨が6日間も続いた。2月27日付けで学術誌「Scientific Reports」に掲載された論文によれば、アナク・クラカタウ山の噴火に伴った嵐はその間、10万回を超える稲妻を放っていた。

「あまりの稲光の多さに驚愕しました」と、論文の主著者でスペイン、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センターの博士研究員アンドリュー・プラタ氏は話す。ピーク時には、1分間に72回の火山雷が観測された。

立ち昇る水蒸気の雲に覆われたアナク・クラカタウ山。2018年12月に発生した火山雷は、この後長時間続いた。(PHOTOGRAPH BY ANTARA FOTO/BISNIS INDONESIA/NURUL HIDAYAT VIA REUTERS)
立ち昇る水蒸気の雲に覆われたアナク・クラカタウ山。2018年12月に発生した火山雷は、この後長時間続いた。(PHOTOGRAPH BY ANTARA FOTO/BISNIS INDONESIA/NURUL HIDAYAT VIA REUTERS)
[画像のクリックで拡大表示]

 火山学者らは、絶え間なく変化する噴火を、火山雷を利用して監視できる可能性を探り始めている。だが、火山活動がどのように雷を引き起こすかについては、まだ解明され始めたばかりだ。

 米アラスカ州アリューシャン列島のボゴスロフ島の火山では、噴火活動が2016年12月から9カ月近くも続き、4550回を超える雷が発生した。この出来事を利用して、噴火で起こる嵐の仕組みを解明しようとした研究の論文は、2月6日付けで学術誌「Bulletin of Volcanology」に発表された。(参考記事:「火山雷で辺境の噴火を監視できる可能性、最新研究」

 これら2つの最新研究では、火山雷の有無や激しさに、氷が大きく関わっていることが強調されている。

「雷を有意義な方法で利用するには、あらゆる種類の噴火について考えなければなりません」と言うのは、米地質調査所(USGS)カスケード火山観測所の火山学者で、ボゴスロフ山に関する論文の筆頭著者であるアレクサ・バン・イートン氏だ。

次ページ:上空に「氷の塔」ができた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の謎

研究者が悩む99の素朴な疑問

研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,760円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加