荒々しい原初の自然が残る場所 ロシア、カムチャツカ半島

「いつか行きたい世界の旅先25」第20回

2020.08.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつか行きたい世界の旅先25」第20回。全長約1250キロのカムチャツカは、火山の密集度と多様性、地熱が生み出す地理的特徴、野生生物などのおかげで、半島内の6つの地域が「カムチャツカの火山群」として世界遺産に指定されている。

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=イヴァン・ヴァシン(ナショナル ジオグラフィックトラベラー、ロシア版編集長)/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

消えた巨大生物

恐竜絶滅の後から現在まで、地球上を跋扈した巨大動物の歴史を一望する。精彩なCGで姿、環境を再現。見ているだけでも楽しい!

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加