史上最遠からの地球「ペイル・ブルー・ドット」撮影秘話

1990年2月14日、NASAの探査機ボイジャー1号は約60億キロメートルの彼方から地球の写真を撮影した。科学者カール・セーガンは、のちにこの写真に写った地球を「ペイル・ブルー・ドット(淡く青い点)」と呼んだ。(IMAGE BY NASA/JPL-CALTECH)

【元の記事へ戻る】