一般の人が見れば、ティラノサウルスの仲間はどれも同じように見える。しかし、タナトテリステスにはいくつか独自の特徴がある。その一つは、鼻に向かって延びる2つの隆起が目立つことだ。(ILLUSTRATION BY JULIUS CSOTONYI)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カナダ、カルガリー大学でティラノサウルス類を調査していたジャレド・ボリス氏は、ロイヤル・ティレル古生物学博物館で不思議な化石と出合った。それから2年におよぶ入念な調査の結果、この化石はティラノサウルス類の新種であることが判明、1月23日付けの学術誌「Cretaceous Research」に発表された。

 カナダでティラノサウルス類の新種が見つかるのは、ほぼ半世紀ぶり。体長約8メートルのこの恐竜は、ギリシャ神話の死神タナトスにちなみ、タナトテリステス・デグロートルム(Thanatotheristes degrootorum)と名付けられた。(参考記事:「T・レックス以前の“恐竜王”を発見」

 タナトテリステスが生きていたのは約7950万年前ごろで、ティラノサウルス類が生態系の頂点へと歩みだした時代と考えられる。出土した頭骨の一部(上顎骨と下顎骨、歯、頬骨の一部)からは、Tレックスを含むティラノサウルス類がどのようにして最上位捕食者という地位に至ったのか、その初期段階の歴史がひもとける。(参考記事:「動物大図鑑 ティラノサウルス・レックス」

「この種固有の特徴を見分けようと、とにかく細かいところまで注意しました。新種を命名する機会をいただけるというのは、やりがいがあります」と、論文を執筆したボリス氏は語る。

現在のところ、タナトテリステスは頭骨の破片しか見つかっていない。発掘現場のそばから別の化石が出土するかもしれないが、最近の洪水で流されてしまった可能性もある。(IMAGE BY JARED VORIS)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ティラノサウルスの仲間が初めて出現したのは、1億6500万年前ごろのことだ。しかし当時は支配的な恐竜ではなかった。体高1.5メートルほどとかなり小さなものもおり、バスほどの大きさのアロサウルスや大きな爪をもつメガロサウルスといった大きな肉食恐竜の影でひっそりと狩りをしていた。(参考記事:「小柄なティラノサウルス類の新種発見、人間サイズ」

 8000万年前ごろになると、そういった肉食恐竜が衰退し、ティラノサウルス類が食物連鎖の頂点に立って大型化するチャンスが訪れる。そうして絶滅する直前の6600万年前には、有名なTレックスは体長12メートル、体重9トンを超えるまでになっていた。だが、論文によると、タナトテリステスはTレックスほど巨大ではなかったようだ。そのことからも、この時期に食物連鎖の頂点に君臨した恐竜の多様性がうかがえる。(参考記事:「史上最大のティラノサウルスと判明、約9トン」

 今回の研究に関わっていない英エジンバラ大学の古生物学者スティーブ・ブルサット氏は、電子メールにこう書いている。「ティラノサウルス類には、ダイナミックな進化の歴史があったと考えられます。すべてがTレックスのように巨大なスーパー捕食者だったわけではなく、たくさんの小さなグループに分かれており、異なる身体的特徴をもってそれぞれの場所を支配していたのです」

次ページ:なぜ新種と確認できたのか

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

NHKスペシャル 恐竜超世界

最新の研究で明らかになったすごい生態を、超高精細な4KCG(コンピューターグラフィック)を基にした豊富なビジュアルで完全再現します。

定価:本体2,000円+税