南極の島を50年ぶり調査、ペンギンが半減の可能性

エレファント島西海岸のスティンカー岬にある営巣地へと戻るヒゲペンギン(Pygoscelis antarctica)。名前の由来は、トレードマークであるあごの下の黒い帯模様だ。(PHOTOGRAPH BY NOAH STRYCKER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー