パインアイランド氷河から新たに生まれた氷山。EUの地球観測プログラム「コペルニクス」のミッション「センチネル2」により2020年2月11日に撮影。(PHOTOGRAPH COURTESY COPERNICUS SENTINEL, EUROPEAN SPACE AGENCY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 西南極に、湾へと突き出している氷河――パインアイランド氷河とその隣のスウェイツ氷河がある。パインアイランド氷河は、南極で一番早く消滅する危険があるとされる。氷河は、膨大な量の水を氷として保持している。南極の氷河がすべて海に流出すれば、地球の海面が1.2メートルも上昇すると言われている。今も進む氷河の崩壊が続けば、世界の海岸線が書き換わる可能性すらあるのだ。(参考記事:「南極大陸の発見から200年、最初に見つけた人物は?」

 2020年2月初旬、パインアイランド氷河の棚氷(たなごおり:陸の氷床とつながったまま洋上にある部分)が分裂し、氷山が誕生する様子を、欧州宇宙機関(ESA)のセンチネル衛星がとらえた。ESAは、2019年初頭からパインアイランド氷河の亀裂を衛星で監視してきた。棚氷に走る亀裂は週末に急激に拡大し、2月9日までに310平方キロ(米国サンフランシスコの3倍近くの面積)に及ぶ棚氷が氷河から分離した。海へと向かった棚氷はすぐに崩壊し、氷山へと変わった。その最大の氷山は「B-49」と命名された。(参考記事:「南極に出現した真四角な氷山、どうやってできた?」

 パインアイランド氷河では、このところ氷山の分離が相次いでいる。気候変動で解けゆく南極大陸で、今後大規模な崩壊が起こる前兆ではないかと危惧する研究者も多い。実際、2月上旬に、南極半島で18.3℃という過去最高の気温が記録されており、南極大陸における急激な変化は、無視できなくなりつつある。

「衛星から毎日送られてくるデータは、気候変動が劇的に南極の姿を変えつつあることを示しており、不安になる」とESAの上席研究員で雪氷圏スペシャリストでもあるマーク・ドリンクウォーター氏はプレスリリースの中で述べている。

 氷河は、陸地にある巨大な氷床が流れ出る氷の川のことだ。パインアイランド氷河からは、2012年以降、年間580億トンもの氷が流出しており、南極大陸で消滅するおそれが一番高いと考えられている。また同時に、海面上昇に与える影響が、一番大きいとされるのが、このパインアイランド氷河だ。(参考記事:「南極の棚氷が危ない、「両面」攻撃の脅威、研究」

 EUの地球観測プログラム「コペルニクス」によれば、パインアイランド氷河からの氷山の分離は、2001年、07年、13年、15年、17年、18年に続き、今回が過去100年間で7度目になる。近年、この間隔が短くなってきており、氷河が不健全な状態にあることを示唆しているように見える。

次ページ:氷河の分離を宇宙からとらえた動画

おすすめ関連書籍

世界から消えゆく場所

万里の長城からグレート・バリア・リーフまで

放棄された場所、忘れられた場所、消え去った場所を、世界中から37カ所集めて紹介する。

定価:本体2,500円+税