実は野蛮で残酷だった? バレンタインデーの起源

異教徒の祭り? 聖バレンタインとは誰? 知られざる愛の日の背景

2020.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜロマンチックな日になったのか?

 名前はさておき、こんな祝祭は現代のロマンチックなバレンタインデーとかけ離れている。

 一説によれば、バレンタインデーの本当の起源は、その1000年後にある。米カンザス大学の教授ジャック・B・オルチ氏は、バレンタインデーが初めてロマンスと結び付けられたのは、14世紀の英国の詩人ジェフリー・チョーサーの詩「Parlement of Foules(鳥たちの集い)」だと主張している。

 バレンタインデーの前後は、ちょうどヨーロッパの鳥たちの繁殖期にあたる。オルチ氏によれば、チョーサーがバレンタインデーとロマンスを結び付けたのは偶然かもしれない。そして、ウィリアム・シェイクスピアを含む後世の詩人たちがチョーサーの先例に倣ったために、バレンタインデーがロマンチックな意味合いを持つようになったという。

ケニア、ナイロビの花屋に並べられたバレンタインデーのバラの花束。(PHOTOGRAPH BY SIMON MAINA, AFP/ GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

聖バレンタインとは誰なのか?

 聖人の数は1万800を超え、バレンタインという名の人物は30人以上いるとも言われる。さらに、バレンティナも数人いるようだ。バレンタインデーの由来として有力なのはそのうち2人だが、いずれも恋愛に関係があったわけではない。

 2人のバレンタインは共通点が多く、同一人物ではないかと考える研究者もいる。どちらも殉教者で、西暦3世紀、ローマ皇帝クラウディウス2世によって処刑された。さらに、同じ年ではないものの、どちらも2月14日に殉教したと伝えられている。

 1人目のバレンタインは司祭で、ローマ帝国によるキリスト教徒の迫害下で逮捕された。バレンタインは皇帝の面前で、信仰を捨てることを拒否したため、自宅軟禁の刑に処された。軟禁されていた家の所有者は、神の本当の力を見せるようバレンタインを挑発。バレンタインは盲目の少女の視力を回復させ、その結果、家族全員がキリスト教に転向した。奇跡と改宗のうわさは皇帝の耳に届き、バレンタインは処刑された。

 2人目であるイタリア、テルニの主教だったバレンタインも、同じく奇跡を起こしている。体の障害を治す力があることで知られていたため、ある学者が一人息子の治療を依頼した。学者の息子は話すことができず、真っすぐ立つこともできなかった。主教が一晩祈ると、少年は完全に治癒。この一家と見学に来ていた学者たちがキリスト教に転向した。間もなく、主教は奇跡を起こしたことで逮捕され、改宗を拒否したため、斬首の刑に処された。

人々はどのようにバレンタインデーを祝っているのか?

 現代のバレンタインデーには、多くのカップルがお菓子、ジュエリー、花、カードを贈り合う。

 バレンタインデーのカードの起源は1415年。フランスのオルレアン公がロンドン塔に幽閉されていたとき、妻に送ったカードが最初と伝えられている。

 米国でバレンタインデーのカードが広まったのは独立戦争中で、愛する人に手書きのカードを送る習慣が始まったとされている。バレンタインデーのカードが大量生産されるようになったのは1900年代初頭になってからだ。(参考記事:「芸術家たちのクリスマスカード、独創的な16点」

ギャラリー:芸術家たちのクリスマスカード 独創的な16点(写真クリックでギャラリーページへ)
日系米国人アーティスト、ミネ・オークボは、1959年のクリスマスカードにフラフープを回すトナカイをスケッチした。(COURTESY BOB STOCKSDALE AND KAY SEKIMACHI PAPERS, CIRCA 1900-2015, ARCHIVES OF AMERICAN ART, SMITHSONIAN INSTITUTION)

 今や世界中に広まったバレンタインデーだが、インドネシア、サウジアラビア、マレーシアなど、広く祝われていない国もある。ほとんどの場合、信仰に反するためだ。ただし、政治的な理由からバレンタインデーを祝わない国もある。例えば、インドでは、欧米の価値観を助長するとして、一部の保守派政党がバレンタインデーに反対している。

 バレンタインデーに自分が参加するかどうかによらず(それが自分で選択したことか運命かによらず)、古代ローマから現代までずっと、愛の力は人々を結び付けてきた。いけにえにされた動物の皮で互いをむち打つことはもうないが、私たちは今、愛する人をもてなすこと(そして、愛する人にもてなされること)を楽しんでいる。

文=SYDNEY COMBS/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

その話、諸説あります。

この世界はわかっていることよりも、わかっていないことの方が多い。研究者たちは仮説を立て、検証を繰り返して、事実に迫ろうとする。本書では、さまざまなジャンルで提唱されている“謎"と、その解明に迫る“諸説"を紹介する。

定価:本体1,750円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加