<検証>疑惑の南極単独横断、冒険家に集まる批判

第1回 「世界初の快挙」、体験談は多くの矛盾を含んでいた

2020.03.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月3日、南極大陸横断を終えて帰りの飛行機に乗り込むコリン・オブレイディ氏。メディアは彼の功績を「歴史的」と讃えたが、専門家の間からその主張の正当性を疑問視する声が上がっている。(TAMARA MERINO, THE NEW YORK TIMES, REDUX)

 米国人のコリン・オブレイディ氏は、スキーによる南極大陸の無支援単独横断に初めて成功したと主張する。その体験を記録した著書『The Impossible First』のなかで、この旅最大の難所に差し掛かった時のことを、オブレイディ氏は次のように振り返っている。

「風速80~90キロの風に打たれ、地図にも載っていない到達不可能、救助不可能な地獄の地帯に入った。氷に覆われた地表は風に削られて起伏が激しく、救助の航空機すら着陸できない」

 大陸横断に出発する前、オブレイディ氏が緊急時の救助を依頼していたアンタークティカ・ロジスティクス・アンド・エクスペディションズ社(ALE)の安全管理担当者からは、「もしここで救助を要請しても、助けに行くことはできません」と警告されたとオブレイディ氏は言い、これまで誰ひとりとしてこのルートに成功しなかったのは、この難所のせいだと述べている。「そのため、多くの人が達成不可能なルートだと感じていた」

 ところが、オブレイディ氏の主張を細かく追及していくと、つじつまの合わない部分が出てくる。これは、この本の他の部分や、数々のメディアにおける氏の発言にも言えることだ。(参考記事:「世間を欺いた6つの科学イカサマ」

 過去35年間にわたり、南極探検の企画運営に数多く携わってきたALEの安全管理担当者は、救助不可能だといった覚えはないと話す。そればかりか、オブレイディ氏が助言を求めたという極地専門家の誰ひとりとして、彼の冒険を「不可能」だったと考える者はいない。

 オブレイディ氏の言う「地図にも載っていない」危険地帯とは、実際には人工的にならされ、目印の旗が立てられた車道だった。裕福な旅行者もしばしば利用する道路で、たとえ動けなくなったとしても、衛星電話で救助を呼べば、数時間以内にスキーをつけた小型飛行機が駆け付けることも可能なはずだった。

次ページ:ナショジオも伝えた大陸横断の偉業

おすすめ関連書籍

地の果てのありえない物語

地球最後の秘境45のエピソード

地球をあなどるな!今、世界の果てで起きている人間と大自然の驚きの出来事45話。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加