2.3億年前のワニに近い動物「偽鰐類」の新種を発見、レア

パンゲア超大陸に生息、噛む力は強いが、動きは遅かった?

2020.02.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新たに発見された先史時代の爬虫類、ディナモスクス・コリセンシス(Dynamosuchus collisensis)。2億3000万年前の三畳紀に生息していた。その背中は2列の皮骨で守られていた。(ILLUSTRATION BY MÁRCIO L. CASTRO)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブラジル南部の山の麓で、発掘された岩塊を調べていた古生物学者のロドリゴ・ミュラー氏は、珍しい骨を見つけた。爬虫類や両生類のうろこの下層に形成される板状の骨、皮骨だ。

「驚きました。ブラジルでは、これまで一度も見つかっていなかったからです」と同国サンタ・マリア連邦大学に所属するミュラー氏は話す。思いがけない発見があった発掘現場は、最古級の恐竜が闊歩していた場所としても知られる。(参考記事:「最古級の肉食恐竜を発見、完全に近い姿、ブラジル」

 氏は慎重にブラシで土を払い落とすと、無傷の頭骨や他のいくつかの骨の化石が姿を現した。これらの骨を並べたところ、爬虫類のうち偽鰐類オルニトスクス科に分類されるレアな骨格が復元できた。オルニトスクス科は、現代のワニに近い仲間と考えられており、これまでアルゼンチンと英国スコットランドでしか見つかっていなかった。(参考記事:「奇妙な新種ワニの化石を発見、雑食だった?」

 ミュラー氏らは、三畳紀にあたる2億3000万年前のこの化石を、その噛む力と発見場所にちなみ、ディナモスクス・コリセンシス(Dynamosuchus collisensis)と命名、1月31日付けで学術誌「Acta Palaeontologica Polonica」に発表した。これまでに世界で発見されたオルニトスクス科は、ディナモスクスのほかに3種のみ。最後に発見されたのはアルゼンチンで、50年前にさかのぼる。

 ディナモスクス・コリセンシスは、骨を砕くほど噛む力が強く、刃のような歯で肉を食いちぎることもできたようだ。一方、動きは遅く、現代のハゲワシやハイエナのように動物の死骸や捕まえやすい獲物を食べていたと、ミュラー氏らは考えている。腐肉食は食物連鎖において極めて重要な役割だが、これまでブラジルのこの地域では、その役割を担う存在が確認されていなかった。

「この地域の生態系がどのように機能していたかを理解するのに役立ちます」とミュラー氏は話す。

次ページ:「とても多くの情報が秘められているのです」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

NHKスペシャル 恐竜超世界

最新の研究で明らかになったすごい生態を、超高精細な4KCG(コンピューターグラフィック)を基にした豊富なビジュアルで完全再現します。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加