仮装の奇祭からオオカミ観察まで、2月の旅先5選

スロベニアのカーニバル「クレントバニエ」では、人々が災いを追い払って春を呼び込む精霊「クレント」に扮する。全身を羊の毛皮で覆い、腰には大きなベル、手にはハリネズミのとげをつけた棒を持って町を練り歩く。この伝統は、ユネスコの無形文化遺産に指定されている。(PHOTOGRAPH BY MATJAZ COREL, ALAMY STOCK PHOTO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー