神話の舞台への旅 ギリシャ、ペロポネソス半島

穴場スポットで歴史に思いを馳せれば、日常をすべて忘れられるだろう

2020.05.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギリシャ、ペロポネソス半島に残る13世紀の要塞。歴史上有名な港であるメトニを守っていた。(PHOTOGRAPH BY THOMAS LINKEL, LAIF/REDUX)

 ギリシャの南端に位置するペロポネソス半島は、古代ギリシャ文化の中心地の一つであり、神々と英雄たちが闊歩した神話の土地だ。古代の遺跡、荒涼とした風景、そしてギリシャならではの最高の料理に出合えるこの地は、観光客にお馴染みのアテネやギリシャの島々にとって代わる目的地といえる。(参考記事:「ギリシャ、ナクソス島へ地元料理を食べに行こう」

 ギリシャ本土からとコリント運河で隔てられたペロポネソス半島は、何百年もの間、地中海東部の交差点となっていた。一帯には古代文明、そして征服を試みた者たちの遺構がそこかしこに残る。ギリシャの神々に捧げられた神殿、スパルタやミケーネの強力な王の宮殿だけでなく、オスマン帝国、フランク人、ベネチアなどによる侵略が相次いだことを物語る要塞が今も残っている。

ギャラリー:神話の舞台へ ギリシャ、ペロポネソス半島の旅 写真12点(画像クリックでギャラリーへ)
高級リゾートとして開発されたコスタ・ナバリノ。舟遊び、自転車、ハイキング、カイトサーフィンといったアクティビティが用意されている。(PHOTOGRAPH BY THOMAS LINKEL, LAIF/REDUX)

 幸い、現代の観光客の大群はここまでは来ていない。ミコノス島やサントリーニ島のような過剰な観光地化を、ペロポネソス半島はおおむね免れている。ポプラやオリーブの木立が茂る美しいアルカディア地域では、ニンフや水の精がかつて戯れていた、手つかずの荒野の名残を見ることができる。

 ルシオス渓谷を数日かけてハイキングすれば、観光客よりも修道士たちと行き合う可能性の方が高い。彼らが暮らす修道院の中には、中世に起源をもつところもある。(参考記事:「古代ギリシャの魅力 エーゲ海のキクラデス諸島」

ギャラリー:神話の舞台へ ギリシャ、ペロポネソス半島の旅 写真12点(画像クリックでギャラリーへ)
メトニ城のブルジイ塔。監獄として使われたこともある。(PHOTOGRAPH BY THOMAS LINKEL, LAIF/REDUX)

次ページ:古代オリンピックのスターティングブロックも

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 第2版

世界でシリーズ累計530万部のベストセラーの最新版が登場! 秘境から名所まで、いま行くべき場所、体験すべきことがこの1冊に。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加