古代ギリシャのタナグラ人形、19世紀に人気殺到、盗掘が横行

大量に出土した古代の副葬品、文献に残らなかった古代ギリシャの女性や子供たちの日常を伝える

2020.08.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タナグラ人形はさまざまな日常の風景を映し出しているが、神話を題材にした像もある。この像は、ギリシャ神話の最高神ゼウスによるフェニキアの王女エウロペの誘拐を描いたもので、ゼウスが美しい雄牛に姿を変え、エウロペがその背にまたがっている。エウロペの髪や衣装に、当時の色彩が一部残されている。フランス、マルセイユにある地中海考古学博物館の収蔵品。(D. GIANCATARINA/RMN-GRAND PALAIS)

 1860年代、ギリシャ、アテネの北にある町で、農民たちが古代の墓を掘り起こしたところ、優美な逸品が出土した。魅力的な、焼き物の女性像だ。高さ10〜20センチほどの小さな像は、最終的に数百体が発掘された。(参考記事:「古代ギリシャの魅力 エーゲ海のキクラデス諸島」

 農民たちは、発掘した像を片っ端から売った。この驚くべき発見は瞬く間に広まり、古代ギリシャの都市国家タナグラがあったこの地域には盗掘者たちが殺到した。推定で8000以上の墓が掘り起こされたという。(参考記事:「経済危機のギリシャで市民による盗掘が急増」

 タナグラの盗掘は公然の秘密となっていたが、その後、ギリシャ当局が介入を決意。1874年、考古学者パナイオティス・スタマタキスによる監督の下、最初の公式な発掘が行われた。しかし、この試みは不十分だった。精密で入念な調査が行われるようになったのは1970年代に入ってからだ。最初の像が発見されてから100年以上が経過していた。

ギャラリー:19世紀の欧州で流行、古代ギリシャのタナグラ人形 写真9点(写真クリックでギャラリーページへ)
2008年、ドイツ、ベルリンの旧博物館での展示の様子。(ARIS/SZ PHOTO/PHOTOAISA)

ヨーロッパで大人気

 盗掘が横行した19世紀後半、タナグラ人形はヨーロッパで大変な人気を博した。主に女性をかたどった像が、当時の女性の理想と一致していたためだ。その優雅さや慎ましさ、衣服やヘアスタイルなどの装飾性は、古代ギリシャの神、政治家、兵士などを模した男性像の飾り気のない雰囲気とは対照的だった。

 ギリシャ政府が考古学者を送り込んでも、タナグラの墓荒らしは収まらなかった。タナグラ人形の需要はとどまるところを知らず、墓地の盗掘は増加の一途をたどった。遺物の市場には、偽物の像も紛れ込むようになった。粗雑な模造品もあったが、精巧に偽造され、本物と見分けるのが難しいものもあった。地元の村人たちは、本物であれ偽物であれ、法外な値段でタナグラ人形を売るようになった。(参考記事:「略奪される歴史 文化財の闇取引を追う」

 こうした偽物の多くが長年にわたって専門家の目を欺き、一部の偽物は有名な美術館や博物館の収蔵品にまでなった。ドイツの美術館では、最近、熱ルミネッセンス法による年代測定が行われ、実に2割の像が偽物と判明した。

次ページ:女性や子どもたちの日常を映し出す

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加