犬が薬物中毒になっている、原因は人間、米調査

オピオイドを誤飲した犬の相談が年間600件も

2020.02.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オピオイド中毒事故を最も起こしやすいのは若い小型犬であることが、新たな全米規模の調査により示唆された。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 犬は、もともと食欲旺盛で好奇心が強いため、食べてはいけないものを食べて問題を起こすことがある。獣医のアメリア・ニューワー氏は、そんな犬を数多く見てきた。

 米フロリダ大学小動物病院の救急外来に勤める同氏は、合法のものも違法なものも含め、さまざまな薬物の中毒になった犬を治療してきた。なかには「オピオイド」を摂取してしまった犬もいる。オピオイドには非麻薬性の鎮痛薬のほか、麻薬性のフェンタニルやヘロインなども含まれる。(参考記事:「ヘロインという薬物、米俳優の死より」

 米国ではオピオイドの過剰摂取による死者が2017年に4万7000人を超えた。それ自体は人間の問題だが、もし飼い主が薬の適切な保管を怠れば、危害はペットにまで及び、場合によっては死んでしまうこともある。(参考記事:「オピオイド依存に悩む米国、貝の毒で新薬開発へ」

 オピオイドを摂取した犬は、元気をなくして動きが鈍くなることが多く、最悪の場合、昏睡状態に陥る。こうした状態の犬が、数カ月に1度はニューワー氏のもとに運び込まれるという。

「犬はぼんやりした様子で、多くの場合、心拍数と血圧が低下しています」と同氏。人間に見られるのと同じ症状だ。オピオイドは「心臓が血液を送り出す能力を低下させ、呼吸を弱めます。当然、死に至ることもあります」(参考記事:「魚も薬物依存症になると判明、治療法研究に期待」

中毒事故の電話相談を分析

 このほど、犬のオピオイド中毒事故について初めて調査した論文が、1月29日付けで学術誌「PLOS ONE」に発表された。論文によると、ペットの中毒事故ホットラインに寄せられた電話を分析したところ、オピオイドの誤飲に関する相談は、毎年平均600件近くに上ることがわかった。

 2006〜2014年に米動物虐待防止協会が運営する「動物中毒事故管理センター」(APCC)に報告されたオピオイド中毒事故は5162件に上り、犬に関する電話相談19万件のうち3%近くを占めたという。

次ページ:小型で若い犬ほどリスクが高い

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

マリファナ

世界の大麻最新事情

大麻の歴史、薬物としての作用、法的環境など、様々な角度から大麻に迫る。豊富なビジュアルとわかりやすい解説で、今こそ真面目にこの植物を考える。

価格:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加