木の枝にとまって樹皮のなかに隠れた昆虫を探すムネアカゴジュウカラ。米ワシントン州で撮影。(PHOTOGRAPH BY VICKIE ANDERSON, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 北米を訪れたら、スズメの仲間のアメリカコガラやムネアカゴジュウカラの明るい歌声を耳にすることがあるだろう。だが、そのさえずりに歌詞がついていることをご存じだろうか。(参考記事:「ヒット曲はますますヒット、鳥で判明、最新研究」

「言語学者からは怒られるかもしれませんが、言葉と言ってもいいでしょう」と米モンタナ大学の生態学者エリック・グリーン氏は話す。

 実際、アメリカコガラは約50種の特徴的な声を使い分け、「危険!」「ごはんちょうだい!」「恋人募集中!」などといった大事なメッセージを伝えている。

 グリーン氏の研究チームは以前の研究で、ムネアカゴジュウカラ(以下、ゴジュウカラ)がアメリカコガラの警告音に耳をそばだて、近くにいる仲間にそれを「リツイート」する習性があることを発見した。これこそリアルなツイッターだと、グリーン氏は笑う。

 そして今回、グリーン氏らはまたも興味深い研究結果を発表した。まともな記者なら誰でも、ニュースの発表前に事実の裏取りをするように、ゴジュウカラはアメリカコガラの警告音を一般的な警告としてリツイートはするが、元の警告に含まれた捕食者に関するより詳しい情報に関しては、自分で確認するまで声に出さないということがわかったのだ。この研究は、20年1月27日付けで学術誌「Nature Communications」に発表された。

 動物たちの情報のやり取りについてはこれまでも研究が進められてきたが、今回の論文によってさらに理解が深まる。例えば、鳥たちの警告音を聞けば、その地域にどのくらいの数の捕食者がいるかを推測できたり、その地域に人が入らなくても生態系の状態を調べたりできそうだ。(参考記事:「サイのウンチはソーシャルメディアだった」

「ディー」の数が多いほど危険

 鳥類は、種ごとに独自の「言語」を持っているが、なかには文化や地理的な境界を越えて伝わる鳴き声というのがある。たとえば、「シーッ」という音は、鳥や小さな哺乳類が共通して発する、危険を知らせる鳴き声だ。

 アメリカコガラは、捕食者の存在を知らせる警告音を頻繁に発する。アメリカコガラの英名「Chickadee(チカディー)」は、すぐ近くに不審な何かを察知したときに発する「チカディーディーディーディー」という鳴き声にちなんでつけられた。「ディー」の数が多ければ多いほど、危険な捕食者であることを意味する。

次ページ:「警戒情報が入っていますが、確認は取れていません」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※当サイトから日経BP SHOPにお申し込みいただいた場合に限りバッジが付きます。なお、バッジは無くなり次第終了となります。

定価:本体2,600円+税