トラ虐待と殺人依頼の罪で22年の刑に、米国の“タイガーキング”

米国で飼育されるトラの悲痛な現状、有罪判決が改善の一歩となるか

2020.02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「G・Wエキゾチック・アニマル園」の敷地から掘り出された、5つのトラの頭骨のうちの1つを手にする米魚類野生生物局の特別捜査官。これらの骨は、ジョー・エキゾチックのトラの殺害、販売、不正取引、2件の殺人依頼についての裁判の証拠に使われた。(PHOTOGRAPH BY STEVE WINTER)
[画像のクリックで拡大表示]

「ジョー・エキゾチック」の通称で知られるジョゼフ・マルドナド=パッセージ氏が先日、オクラホマシティの連邦裁判所で判決を言い渡された。2018年9月に逮捕されるまで、彼は米国最大級のトラの繁殖施設を運営し、観光客に赤ちゃんトラを触らせたり、一緒に写真を撮らせたりしていた。自分自身がラスベガスの芸人のような格好をして、ショーを開くこともあった。(参考記事:「米国で飼育されるトラ、その痛ましい現状とは」

 かつて“タイガーキング”と呼ばれたこの男はしかし、今ではすっかり憔悴し切っている。2019年の春に行われた7日間の裁判に出廷した、自信とエネルギーに満ち溢れたショーマンは、もうどこにもいない。4月2日、野生生物の法令違反17件と2件の殺人を依頼した罪で、陪審は彼に有罪の評決を下した。

 ジョー・エキゾチックは、泣きながら裁判官に慈悲を求めた。「法は犯していない」というのが、彼の言い分だった。体の具合も悪いという。殺そうとしたキャロル・バスキン氏には謝らなければいけないと言いながら、その一方で、自分がこうなったのはバスキン氏、政府、警察、従業員のせいだと訴えた。

 264カ月、つまり懲役22年の判決をスコット・ポーク裁判官から言い渡されたとき、彼の表情はまったく変わらなかった。22年という刑期は、56歳のジョーにとっては終身刑に等しい。

 ジョー・エキゾチックは、殺し屋を2人雇おうとした。彼の目的は、フロリダの「ビッグキャット・レスキュー」という保護施設の創設者キャロル・バスキン氏の殺害だ。

 ジョーにとって、バスキン氏は目の上のこぶだった。

次ページ:刑務所の中からもライオンの売買を斡旋

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年12月号

エルサレム 地下の迷宮へ/プラスチック依存/米国のトラたちの悲鳴/アフリカの自然公園/ヒマラヤ 危険な氷河湖

2019年を締めくくるカバーストーリーは「エルサレム 地下の迷宮へ」。複雑な歴史を持つエルサレム。この地下に眠る貴重な遺跡を巡り、論争が起きています。そのほか、米国で飼育されるトラの実態に迫る「米国のトラたちの悲鳴」、地球温暖化で急速に解けだした「ヒマラヤ 危険な氷河湖」など、特集5本を掲載!

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加