脳が溶けてガラス化、窯焼きも、新たに浮上したベスビオ噴火の恐るべき死因

西暦79年のベスビオ火山の噴火は、ポンペイやヘルクラネウムなど多くの都市を破壊した。写真は、この噴火による犠牲者の頭蓋内腔から取り出されたガラス質の破片。(Courtesy of Pier Paolo Patrone, University of Naples Federico II)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー