西アフリカ古代人のゲノムを解読、民族拡大の定説に一石

カメルーン西部のシュム=ラカ岩陰遺跡から出土した4体の人骨のDNA解析が、このほど初めて行われた。4体の遺体は約3000年前と約8000年前に埋葬されたもので、写真は1994年に後者が発掘されたときの様子。(PHOTOGRAPH BY ISABELLE RIBOT)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー