ユカタン半島の知られざる美しい島、ホルボッシュ

島内に車は走っておらず、白い砂浜は混雑とは無縁、穴場のリゾート

2020.01.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコ、ユカタン半島からフェリーで20分。ホルボッシュ島は自然の宝庫で、旅行者も比較的少ない。(PHOTOGRAPH BY MALORNY, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 メキシコ、ユカタン半島沖に浮かぶホルボッシュ島に到着すると、まず綿菓子のようなピンク色のフラミンゴたちが出迎えてくれる。この島は、幅およそ10キロのラグーンでメキシコ本土と隔てられている。

 島に到着して気づくのは、舗装道路がないことだ。ラグーンを挟んで対岸にあるユカタン半島は、ホルボッシュ島を擁するキンタナ・ロー州とユカタン州、カンペチェ州、さらには、ベリーズとグアテマラの一部から成り、道路が整備され、多くの車が行き交う。一方、ホルボッシュ島では、車を見かけることはなく、ほとんどの住民は全長約40キロの島を自転車で移動する。同じキンタナ・ロー州のカンクンやコスメル島には、年間600万人もの旅行者が訪れるが、ホルボッシュ島の白い砂浜は混雑とは無縁だ。(参考記事:「ユカタン半島にある小さな国 ベリーズ」

 それでは、ホルボッシュ島の楽しみ方をご紹介しよう。

 米日刊紙「ワシントン・ポスト」によれば、ホルボッシュ島(ホルボッシュはマヤ語で「ブラックホール」の意)に旅行者が集まり始めたのは10年ほど前。以来、住民たちは巨大リゾートの参入を阻止するために闘っているという。島には車だけでなく、郵便局も銀行も高層ビルもない(建物の高さ制限は約12メートル)。島に電気が通ったのは1987年で、携帯電話やWiFiの電波が届かない場所もある。砂の小道はGoogleマップにも載っていない。つまり、スマートフォンを持たず、文字通り「今」を生きた方がいいということだ。(参考記事:「脱オーバーツーリズム 混雑しない穴場の観光地5選」

自然の中に飛び込む

 ホルボッシュ島は、メキシコ最大の生態系保護区ヤムバラムの一部であり、島の75%近くが自然のマングローブ林と砂浜だ。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」によれば、もともとマヤ人の数家族が暮らしており、その後、海賊たちが定住したという。

ホルボッシュ島の海を泳ぐ巨大なジンベエザメ。ジンベエザメが回遊する6〜8月には、彼らがプランクトンを食べる様子を、安全な距離から観察できる。(PHOTOGRAPH BY BRIAN J. SKERRY, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホルボッシュ島の旅の主役は海だ。6〜9月には、植物プランクトンが豊富なメキシコ湾をジンベエザメが回遊しており、シーサファリに参加すれば、彼らが食事をする様子を見学できる。「VIPホルボッシュ・エクスペリエンス」などのツアー会社はシュノーケリング体験を用意しており、参加者2人ごとに1人のガイドが付く(安全な距離からジンベエザメを観察できる)。近くのパハロス島を船で訪れれば、グンカンドリやフラミンゴなど、この島に巣をつくる150種以上の鳥に出会うことができる。(参考記事:「ジンベエザメ、大量に藻や植物食べ、4カ月絶食も」

 夕暮れどきには、島中の人々が桟橋に集まる。月のない夜に、植物プランクトンが光を放つ「生物発光」という現象を眺めるためだ。時折、カヤックに乗る人たちのパドルで浅瀬の水がかき混ぜられると、海がさらに明るくきらめく。(参考記事:「いつか泳ぎたい、神秘の泉セノーテ4選、メキシコ」

次ページ:カクテルを飲み、ビーチを散策

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 第2版

世界でシリーズ累計530万部のベストセラーの最新版が登場! 秘境から名所まで、いま行くべき場所、体験すべきことがこの1冊に。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加