カゲロウが半減していた、原因は殺虫剤か、米国

生態系支える貴重な食料源、大量発生を気象レーダーで解析

2020.01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葉の上にいる成虫になったばかりのモンカゲロウの一種(学名:Hexagenia limbata)。米ミネソタ州で撮影。ミシシッピ川上流域のカゲロウの数は、2012年から2019年で52%減少している。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL FRANCIS, EARTH SCENES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 北米で、カゲロウが激減していることを示す研究成果が、新たに発表された。

 カゲロウは、幼虫の間は水中で過ごし、成虫になって空へ飛び立つ水生昆虫。毎年夏になると、最大で800億匹もの大量発生が起き、水辺の町では除雪車を使って取り除くこともあるほどだ。大量発生したカゲロウは、淡水魚や鳥、コウモリなどさまざまな動物の食料となり、生態系に重要な役割を果たす。(参考記事:「まるで夏の吹雪、スペインのカゲロウの大群」

 ところが、1月20日付けの学術誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載された論文によると、2012年以降、ミシシッピ川流域北部や五大湖の一つであるエリー湖のカゲロウの数が50%以上減っているという。原因は、おそらく水質汚染や藻類ブルーム(大発生)にある。(参考記事:「有毒な藻の大繁殖、各地で増加のおそれ」

「年を追うごとに減っていると知って、本当に驚きました。まったくの想定外でした」と、論文の筆頭著者で、米ノートルダム大学の生物気象学者であるフィリップ・ステパニアン氏は話す。

 カゲロウの大量発生は規模や密度が非常に大きいため、雨や雪を追跡する気象レーダーにも映り込む。長い間、気象学者たちはこの信号を一種の「ノイズ」として無視してきた。しかし、気象学者であるステパニアン氏は、この信号からカゲロウなどの昆虫や鳥の大移動について情報を得られるのではないかと考えた。

 論文の中で、ステパニアン氏らはレーダーを使ってカゲロウの数を見積もっている。この手法は、川や湖の底にある土砂から見つかった幼虫の数と比較することで有効性が検証された。

 研究の結果、2015年から2019年までの間に、エリー湖西部でのモンカゲロウの一種の生息数がなんと84%も減少していることが明らかになった。ミシシッピ川流域北部でも、2012年から2019年までの間に52%減少していた。(参考記事:「気候変動でカゲロウの寿命が半減、英国」

カゲロウは幼虫から亜成虫に羽化した後、米オハイオ州クリーブランドで撮影されたこの写真のように電柱などにとまっていることもある。体が乾燥した数時間後には脱皮して成虫になり、夕暮れに交尾のために飛び立ち、死んでいく。(PHOTOGRAPH BY PHILLIP STEPANIAN)
[画像のクリックで拡大表示]

 カゲロウは、さまざまな捕食者に食べられることで、生態系を支える重要な働きをしている。ほかにも大量の栄養分を水から陸に運ぶという生態学的に貴重な役割も担っている。

「カゲロウには、水陸両方の生態系に欠かせない機能があります」と、今回の研究には関わっていない米パデュー大学の生態学者ジェイソン・ホバーマン氏は語る。 「生息数の減少は食物網全体に影響を及ぼす可能性があります」

次ページ:レーダーで見たカゲロウ大量発生の動画

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ミラクル昆虫ワールド コスタリカ

昆虫とともに暮らす著者の、ちょっと変わった昆虫中心生活。奇妙で面白い昆虫写真が満載!

定価:本体1,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加