希少なシマウマをリスク覚悟の「禁じ手」で保護、なぜ?

種の保全活動を象徴する例、「共有地の悲劇」を避けるには、ケニア

2020.01.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケニア北部の平原を移動するグレビーシマウマ。絶滅が危ぶまれており、おとなの推定生息数はわずかに2000頭ほどだ。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)

 グレビーシマウマ(Equus grevyi)は、とても大きい。野生のウマでは最大の種で、体重は約450キロにもなる。突き出した耳は遠くから見ても丸く、縞模様は普通のサバンナシマウマより細かい。「本当に美しい動物です」とケニアの首都ナイロビを拠点に活動するグレビーシマウマの保護団体「グレビーズ・ゼブラ・トラスト(Grevy’s Zebra Trust)」の共同設立者ベリンダ・ロウ・マッキー氏は話す。(参考記事:「グレビーシマウマ、希少動物の赤ちゃん」

 しかし、グレビーシマウマには絶滅の危機が迫っている。野生のおとなはわずかに約2000頭が生き残っているのみだ。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは、絶滅危惧種に指定されている。かつては「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ東部一帯に生息していたが、現在では、ケニア北部からエチオピアとの国境を少し越えたあたりまでの一部の地域に縮小してしまった。(参考記事:「水玉模様のシマウマが見つかる、偽メラニズムか」

 20世紀、彼らは狩猟により数を減らされ、さらには、乾燥した生息地に放牧される家畜との、乏しい食物をめぐる競争が今も続いている。2009年以降、この地域は定期的に干ばつに見舞われてきた。

 干ばつが起きると、シマウマが食べる牧草が枯れてしまう。2019年10月、写真家のヒース・ホールデン氏は、グレビーズ・ゼブラ・トラストのレンジャーに同行し、ケニアのサンブル郡を訪れた。土地は「信じられないほど乾いていました」と同氏は話す。「川もすべて干上がっていたのです」(参考記事:「干ばつ続くケニア、野生動物は激減」

グレビーズ・ゼブラ・トラストのアンバサダーであるレワラニ・ロイディンガエ氏(写真左)とレネンゲタイ・ルマントロス氏。警備と監視の訓練を受けており、密猟の防止やコミュニティ参加型プロジェクトに取り組むケニア野生生物公社を支援している。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)

 家畜の過放牧にこうした干ばつが重なると、グレビーシマウマが大量死する恐れがある。そこで、グレビーズ・ゼブラ・トラストは、餌を与えることを決断した。2011年、2014年、2017年の干ばつ時、そして2019年の後半にも、干し草の束を水飲み場への通り道沿いに置いた。干し草は、比較的雨の多い近隣の州からトラックやバイクで買ってきたものだ。少なくとも過去10年で最悪の干ばつが起きた2017年には、3500束を超える干し草を置いた。

人間への依存は動物を不自由に

 だが、野生動物に餌を与えるのは、正しいことなのだろうか? 多くの場合、答えはノーだ。米テキサスA&M大学で人と動物の関係の倫理を研究する哲学者クレア・パーマー氏は、理論的には、餌を与えると食物を人間に依存するようになり、野性を損なうと主張できると言う。そして、人に依存するようになれば、間違いなく動物の自由は減る。(参考記事:「野生動物に餌やりはダメ、でも野鳥は例外? 研究」

「この意味で、動物の自由を減らすのは一種の傲慢です。世界で起きることすべてをコントロールしようとする人間の思い上がりと見なせます」と同氏は話す。

次ページ:餌をやらなければ、待っているのは飢え死に

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加