恐竜を絶滅させた隕石衝突が温暖化を緩和?研究

大量絶滅のおかげで、火山噴火によるダメージを和らげられた可能性

2020.01.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
非鳥類型恐竜を一掃した大量絶滅の際に、噴火する火山の上空を飛ぶ翼竜たち。(ILLUSTRATION BY STOCKTREK IMAGES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 今から6600万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、世界は死に覆われた。隕石の落下地点は現在のユカタン半島近く、直径約180キロメートルの巨大なクレーターができた。衝突により5万立方キロメートル以上の物質が大気中に散らばり、「核の冬」のような状態が数十年続き、海は酸性化した。

 世界を覆っていた死のとばりが上がったとき、ほとんどの恐竜を含め、地球上の全生物種の4分の3が絶滅していた。(参考記事:「恐竜絶滅、小惑星の落ちた場所が悪かったせい?」

 だが1月17日付けで学術誌「サイエンス」に発表された論文によると、この出来事は悪いことばかりではなかったらしい。白亜紀末の隕石衝突による大量絶滅のおかげで、同じ時期に起きた火山噴火によるダメージを和らげられた可能性があるという。

 論文を発表したのは36人の研究者からなる国際共同研究チーム。当時、現在のインドにあたる地域のデカン・トラップという溶岩台地から、火山噴火に伴って膨大な量の温室効果ガスが放出されていた。

 大噴火は隕石衝突の40万年前から続いていたことが、これまでの研究で示されている。この火山ガスが大量絶滅の一因になったと考える研究者もいる。だが今回の論文では、当時の世界各地の気温を新たに見積もった結果、火山噴火が非鳥類型恐竜の絶滅をもたらした可能性は低いとしている。(参考記事:「恐竜絶滅の原因は本当に隕石なのか」

 さらに、火山噴火は大量絶滅後30万年にわたり続いたが、海がそのガスの一部を吸収してくれるようになったおかげで、地球温暖化が緩和されたという。それがなければ地球はもっと温暖化し、初期の哺乳類をはじめ、衝突を生き延びた多くの生物を脅かしていたかもしれない。(参考記事:「新説「恐竜絶滅」を生き延びたのは地上の鳥だった」

プランクトン化石が教えてくれた

 海底から採取した堆積物を調べると、石灰質の殻をもつプランクトンが突然消滅する時期と、隕石衝突の証拠である微小なガラス粒の層が出現する時期は同時であることが多いと、論文の著者である米エール大学の古海洋学者ピンチェリ・ハル氏は説明する。(参考記事:「地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日」

「プランクトンは、隕石の衝突による影響を最も大きく受けたようです。衝突時に放出された硫黄と亜酸化窒素が海を酸性化し、プランクトンの殻を溶かしたのだろうと、私たちは考えています」とハル氏は話す。ちょうど、お酢の中にチョークを入れるようなものだ(チョークは石灰質でできている)。もっとも、海はお酢ほど酸性度が高かったわけではないため、プランクトンの殻はゆっくりと溶けたはずで、発泡したりはしなかっただろう。

次ページ:地球の温度変化を再構成

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

NHKスペシャル 恐竜超世界

最新の研究で明らかになったすごい生態を、超高精細な4KCG(コンピューターグラフィック)を基にした豊富なビジュアルで完全再現します。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加