厳戒続くフィリピンの火山噴火、専門家の見解

40年間休眠状態、過去には千人以上が犠牲になった噴火も

2020.01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1月12日、フィリピンのタール火山が噴火し、灰の雲が湖の上空まで立ち昇った。その後も噴火は続き、一帯は灰や岩石で覆われ、地域住民は避難。学校は閉鎖され、空の便の欠航が相次いだ。(PHOTOGRAPH BY EZRA ACAYAN, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 通常、フィリピンのタール湖に設置されたウェブカメラに映っているのは、穏やかな水の上に浮かぶ雲と、遠くに見える緑に覆われた坂だけだ。しかし、1月12日の午後、この平和な景色は突然、大量の火山灰とガスによって遮られ、やがてカメラは暗闇に覆われた。(参考記事:「史上最大の噴火は世界をこれだけ変えた」

 これが、ルソン島に位置するタール火山の噴火の始まりだった。1日目、噴煙は高度1万5000メートル近くまで噴き上がった。噴煙の周囲には火山雷が発生し、強い火山性地震が多数観測された。1月13日には、火口から溶岩が泉のように噴出し始め、噴火は激しさを増した。(参考記事:「アイスランド火山噴火:EO1から撮影」

 火山の北約60キロメートルに位置する首都マニラを含め、各地を火山灰が覆ったため、空の便は欠航、学校などの公的機関も閉鎖された。また、タール湖の火山島や湖の沿岸部に住む数万人が避難している。

 これまでのところ、死傷者は報告されておらず、噴火が沈静化する可能性もある。しかし、多くの人が危険地帯に残っていることも考えられるうえ、「最大の噴火は、最初に起こるとは限らない」と、英イーストアングリア大学の火山学者ジェニ・バークレー氏は言う。「火山が脅威を及ぼす期間はハリケーンよりもはるかに長いので、さらに大規模な何かが発生する可能性があります」

 タール火山の過去の噴火からわかるのは、この火山が途方もない脅威を秘めていることだ。記録に残されているだけでも、何千人もの命が奪われている。今回の噴火も、規模が大きければさまざまな災害が発生していた可能性があった。(参考記事:「「歴史を変えた津波」が考古学で判明、14世紀末」

「当然ながら、真剣に検討しなければならない火山の一つです」と、地球科学に関する大学と科学団体の連合体UNAVCOで広報担当を務めるベス・バーテル氏は述べる。

フィリピンで特に活発な火山の一つ

 膨大なマグマを蓄えているタール火山は、フィリピンでも特に活発な火山の一つだ。過去数世紀で数十回噴火しており、そのうち何回かは、フィリピンでも最大規模の噴火だ。しかし、一見したところでは、タール火山はそれほど危険には見えない。

 これまでの噴火の多くは、タール湖の中にある火山島で発生したものだ。しかし実際の火山は、このカルデラ湖の下に隠れており、湖面に突き出した島よりもはるかに大きい。(参考記事:「カルデラ形成の詳細な観測に成功、噴火予知に光」

参考ギャラリー:大迫力、空から至近距離で撮ったハワイの溶岩 写真10点(画像クリックでギャラリーへ)
米国ハワイ島、キラウエア火山から流れる溶岩流。ドローンを使って撮影した。(PHOTOGRAPH BY EREZ MAROM)

次ページ:40年ぶりの噴火だが、惨事に至ることが多い

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の謎

研究者が悩む99の素朴な疑問

研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加