ヘンリー王子に前例? 80年前の「王冠を賭けた恋」

英国王エドワード8世は、既婚者の米国人女性に恋をし、退位を選んだ

2020.01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘンリー王子とメーガン妃は、今後は公務から退き、英国と北米の両方で過ごすことになると発表した。夫妻は慈善活動に集中し、息子アーチーはスポットライトの外で育てたいとしている。写真は、2018年にニュージーランドを公式訪問した際にアメリカスギの森を散歩する夫妻。(PHOTOGRAPH BY KIRSTY WIGGLESWORTH, POOL VIA REUTERS/TPX IMAGES OF THE DAY)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのインスタグラムは世界を驚愕させた。微笑みを浮かべる英国のサセックス公爵夫妻ことヘンリー王子とメーガン妃の写真には、彼らが公務から退くという電撃発表が添えられていた。

 王室から広がった波紋に、もう1つの騒動を思い出す人々もいる。1930年代の英王室を揺るがした「王冠を賭けた恋」だ。英国王エドワード8世は、社交界の花形だった米国人女性ウォリス・シンプソンと結婚するため、1936年に退位を決断した。

 どちらも、現状に不満を抱く王族と離婚歴のある米国人女性の恋という共通点はあるものの、2つの事件は見た目ほどは似ていない。

道ならぬ恋

 1930年代初頭に未来の英国王がチャーミングな米国人女性に恋をしたとき、それはプレイボーイだった王子による、数多くの情事の1つにすぎないように見えた。しかし、1936年1月に王子がエドワード8世として即位すると、彼が既婚者であるシンプソン夫人と結婚したがっていることが明白になった。(参考記事:「時代を表すドレス、英王室ウェディング」

 二人の結婚への道は、個人的にも政治的にも障害だらけだった。英国王であるエドワードは英国国教会の最高権威者であり、既婚者のシンプソン夫人を離婚させて結婚することは、離婚歴のある者が前の配偶者の存命中に再婚することを禁じる教会の定めに反していたからだ。(参考記事:「「15世紀、英国王のベッド」本物なら大発見」

1936年12月、社交界の花形だった米国人女性ウォリス・シンプソンと結婚することを決意したエドワード8世は、即位から1年もたたないうちに退位し、みずから王位を放棄した最初の王となった。写真は、退位から数年後に第二次世界大戦が勃発し、2人が初めて英国に戻ったときに、サセックスの仮住まいで撮影されたもの。(PHOTOGRAPH BY EVENING STANDARD, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 王としてのエドワードは、国民の激しい怒りに直面した。国民の多くはシンプソン夫人を、自分たちの王を罠にかけた、金目当ての「堕落した女」と見ていた。内閣の中にも、シンプソン夫人を嫌い、彼女が王を性的にコントロールしているのではないかと疑って、王の結婚に強硬に反対する者がいた。王は政府による捜査と盗聴も受け、シンプソン夫人はアドルフ・ヒトラーの外交特使ヨアヒム・フォン・リッベントロップの恋人であるとする噂にも悩まされた。

 その結果、憲政の危機が生じ、王は難しいパズルを解かなければならなくなった。エドワードは「貴賎結婚(morganatic marriage:高貴な身分の男性と身分の低い女性との結婚。この結婚により生まれた子どもは父親の領地も世襲の地位も相続できない)」ではどうかと提案したが、首相と他の閣僚のほとんどが反対した。こうして王は1936年12月10日に退位した。彼はシンプソン夫人とフランスに渡り、翌年、2度目の離婚が決まった彼女と結婚した。(参考記事:「100年前の写真で見る世界の婚礼衣装17選」

 エドワード8世の退位は君主制の概念を揺るがし、人々のシンプソン夫人への好奇心を激しく燃え上がらせた。『タイム』誌は1936年に初の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を発表したが、それはシンプソン夫人だった。新聞も雑誌も彼女の動きを事細かに報道し、彼女の生活のきわめて個人的な詳細について憶測をたくましくした。

 例えば、ニューヨークの新聞『ザ・サン』は、上半身裸のエドワードと水着姿のシンプソン夫人がカンヌで水遊びをする姿をとらえたパパラッチ写真を添え、「40歳以降の妊娠はまれ」という見出しの記事で、シンプソン夫人の妊娠の可能性について、医学の専門家の意見まで聞いていた。

次ページ:王族だが王ではない

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の陰謀論

世界史の裏でうごめく様々な陰謀説を、豊富なビジュアルを使って解説。各陰謀論を一躍有名にした決定的写真を多数収録!

定価:本体2,180円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加