1920年、スイスのジュネーブに集まった国際連盟の加盟国。(PHOTOGRAPH BY HULTON ARCHIVE, GETTY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 第一次世界大戦直後、世界の多くの国々は、破滅的な戦争を二度と引き起こさないように大きな志をもつ組織に加盟した。それが、ちょうど100年前、1920年1月に設立された国際連盟だ。

 国際連盟は、加盟国に相互の安全保障と国益を保証するよう求める国際機構だった。国際連盟を提唱して発足させたのは米国の大統領だったが、米国自体が加盟国となることはなく、国際連盟は失敗する運命をたどった。(参考記事:「第一次世界大戦 知られざる遺産」

 国際連盟の発足、そしてその残念な結末は、いずれも第一次世界大戦のどん底に端を発する。大戦が終盤に差し掛かった1918年1月、当時のウィルソン米大統領は、連合国軍(ロシア、フランス、英国など)の士気を高め、中央同盟国側(ドイツ、オーストリア=ハンガリーなど)に戦争を継続させないようにする、理想主義的な14カ条の平和原則を発表した。

 ウィルソンは国家間の秘密同盟が戦争の原因であると非難し、恒久平和を実現するためにはすべての国が軍縮、貿易障壁の削減、民族自決の保証に取り組むべきであると考えた。そして平和原則の第14条で、政治的独立と領土保全を保証する「諸国の全般的な連携」を求めた。

1916年、フランス、ソンムの戦いで、塹壕から飛び出す英国兵士。第一次世界大戦による未曽有の死と暴力を目の当たりにした各国の議員は、世界平和を維持するための恒久的な機関というアイデアを真剣に検討するようになった。(PHOTOGRAPH BY FOTOTECA GILARDI, GETTY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 恒久的な平和維持機関のアイデアは、ずっと昔から知識人の頭にあった。しかし、政治家たちがようやく真剣にこの案を検討するようになったのは、第一次世界大戦で850万人の軍人と少なくとも660万人の民間人の死者を出すという未曽有の犠牲を払ってからだった。(参考記事:「第一次世界大戦とナショジオ(前編)」

 ただし、誰もがウィルソンの理想主義に共感したわけではなく、恒久平和を優先するための提案に賛同したわけでもなかった。ウィルソンは1919年のパリ講和会議へ向けて、恒久的な平和維持機関への支持を訴えた。紛糾する交渉の席で、他の連合諸国は戦争を始めた責任をドイツに求め、賠償に重きを置いた。結局、ウィルソンの14カ条の平和原則の多くが却下されたが、国際機関に関しては合意が得られ、ベルサイユ条約の第1条に国際連盟規約が定められた。

次ページ:ウィルソンは思わぬ反対勢力に直面する

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

失敗だらけの人類史

英雄たちの残念な決断

人類が犯してきた失敗の数々をアダムとイブまでさかのぼって検証した書。聡明で経験豊かなリーダーたちは、なぜ判断を間違えたのか。

定価:本体2,600円+税