9世紀のバイキング船、埋葬された高貴な女性の謎

幅40メートル、高さ6メートルの墳墓には木造船が埋められていた

2020.01.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノルウェーの首都オスロのバイキング船博物館に展示されているオーセベリ船。西暦820年頃にオーク材で建造されたもので、蛇の頭の形に彫られた螺旋状の船首は特に注目に値する。海に入った痕跡がないため、埋葬用の船だったと考えられている。(PHOTOGRAPH BY UNIVERSITY OF OSLO)

 19世紀後半、ノルウェーの若い農夫ヨハネス・ハンセンは、米国に降り立った。当時の多くのスカンジナビア人がそうであったように、新たな生活を始めようと高い希望を抱いていた。しかし、ある占い師との出会いが、彼の計画を変えた。なにもわざわざ、米国で苦労して金を稼ぐ必要はない。故郷の農場には、お宝が眠っているというのだ。

 この運命的な出会いは、ノルウェー南部オーセベリの郷土史にも記されている。1930年に編纂されたものだ。この出会いが後に、バイキング時代に関する最も刺激的な大発見の1つにつながることになる。

オーセベリで見つかった副葬品の荷車に彫刻された頭。(PHOTOGRAPH BY OVE HOLST/UNIVERSITY OF OSLO)

 ハンセンはオーセベリに戻り、自分の土地にある奇妙な墳墓の発掘を始めたが、何も見つからなかった。彼はこの墳墓を、1349年に大流行した黒死病(ペスト)の犠牲者の埋葬地と考え、そこで掘るのを止めた。

 ハンセンたちが、この地域に重要な過去の遺物があるかもしれないと考えるのには理由があった。1879年、オーセベリと同じベストフォル県にある町ゴックスタッドで、2人の若者が、9世紀のバイキングの王子の墓を発見していた。その神秘的な墳墓からは、さらに驚くべきものが発掘された。総木造りバイキング船である。(参考記事:「バイキング、その恐るべき戦法と強さの秘密」

埋まっていた船

 1903年、ハンセンの隣人の1人クヌート・ロムは、オーセベリの農場を買い取った。ロムが古代の遺物を探し続けたところ、まもなく何かを見つけた。それは、わずか20センチの木片だった。小さな発見だったが、大発見の予兆でもあった。

 ロムは、100キロほど離れたノルウェーの首都オスロにある国立古代遺物大学博物館のガブリエル・グスタフソン教授を訪ねた。ベテラン考古学者のグスタフソンは最初、農夫のロムを門前払いにしたようだった。だが、ロムが木片を見せると、グスタフソンは複雑で見事な彫刻に目を見張った。その木片は、間違いなくバイキングのものだと確信した。(参考記事:「千年前のバイキングが埋めたお宝が出土、英国」

次ページ:地位の高い女性が眠っていた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

魅惑の財宝伝説

失われた黄金と宝石の謎

きらめく宝石、燦然と輝く黄金――。太古の昔から人々を魅了してやまない財宝の数々。現代に語り継がれる財宝とそれを追い求める人々の物語を、美しい写真を交えて紹介します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加