毒をもつ動物たち、3つの「化学兵器」戦略

受け身の毒戦術、攻撃的な毒戦術、両刀使いのつわものも

2020.01.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モウドクフキヤガエルは、小さな昆虫を食べて毒を取り込む。(PHOTOGRAPH BY ALBERT LLEAL, MINDEN PICTURES/NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 不意に知らないヘビと出くわしたら、こう思うかもしれない。毒ヘビか? だとすれば、触ると危ないのか、それともかまれると危ないのか?

 ひと口に有毒と言っても、触ると危ないのとかまれると危ないのは別の概念で、英語では前者を「poisonous」、後者を「venomous」と使い分けている。これはつまり、動物たちが自前の化学兵器をどう使うか、その戦術を表している。

 スズメバチなど毒で攻撃する生き物は、その多くが牙や針、とげで別の生き物を傷つけ、毒を注ぎ込む。一方、攻撃しないタイプはもっと受け身だ。たいてい皮膚に毒があり、別の生き物に触れられたり、食べられたりしたときに、有毒な分泌物が効果を発揮する(ヤドクガエルがその例だ)。(参考記事:「生物の毒が人間を救う」

「触ると危険」な受け身の毒

「皮膚などに毒をもつ生物は、防御のためにだけ、つまり天敵に食べられないために毒を使っています」と、米サザン・アドベンティスト大学の生物学者デビッド・ネルセン氏は話す。

 天敵がその生物を食べると、毒がみるみる体を巡り、一時的に具合が悪くなったり、場合によっては死ぬこともある。フグは特に危険だ。皮や内臓にもつ神経毒はかなり強い。

身を守るために体を膨らませるフグ。日本では食材として人気だが、調理には細心の注意が必要だ。(PHOTOGRAPH BY PAULIO DE OLIVEIRA, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 防御のために毒をもつ生物の多くは、自分では毒を作らず、周囲の環境から材料を集める。フグの場合、海洋細菌からテトロドトキシンを得ている。オオカバマダラの幼虫は有毒なトウワタ(キョウチクトウ科の植物)を食べ、成虫になっても、天敵が食べると苦味を感じる。

 毒をもつ彼らは、往々にして警告色もまとっている。その典型が、中南米原産の色鮮やかなカエル、ヤドクガエルだ。

「ヤドクガエルがもつ有毒なアルカロイドの種類は幅広く、単に不快な味を感じさせるだけのものから、死に至る恐ろしいものまでさまざまです」と、米カリフォルニア大学バークレー校の進化生物学者レベッカ・タービン氏は語る。

参考ギャラリー:50年で200種が絶滅、愛すべきカエル写真13点(画像クリックでギャラリーへ)
ハイユウヤドクガエルは、生息地によって色が異なる。写真の個体は、コロンビアのカリ動物園で撮影したもの。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

次ページ:攻撃タイプ、かみついて毒を注入

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加