プエルトリコで相次ぐ地震、知事が非常事態を宣言

7日未明にはM6.4が発生し少なくとも1名死亡、なぜ地震が頻発するのか

2020.01.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1月6日、プエルトリコでマグニチュード(M)5.8の地震が発生し、多くの建物が損壊した。翌朝、再びM6.4の地震が起きた。プエルトリコは地震の多い地域だが、今回の地震は、壊滅的なハリケーンからの復興を目指す地域社会にさらなる被害をもたらしている。(PHOTOGRAPH BY RICARDO ARDUENGO, AFP VIA GETTY IMAGE)
[画像のクリックで拡大表示]

 1月7日未明、カリブ海に浮かぶ米自治領プエルトリコで、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。プエルトリコでは1週間以上前から地震が頻発していたが、今回の地震はそのなかで最も規模が大きく、今後も余震が続くと予想される。(参考記事:「フランスで奇妙な地震が発生、科学者ら首ひねる」

 プエルトリコの南西沖では、6日にもM5.8の地震が発生したばかりだ。2019年12月28日以降、一帯ではM2以上の地震が400回以上も起きている。米地質調査所(USGS)によれば、多くの地震は比較的震源が浅く、住民たちはおそらく数十回の地震を感知しているという。

 2017年にハリケーン「イルマ」と「マリア」の直撃を受けたプエルトリコは復興の途上にあるが、6日と7日の大地震は地域社会に壊滅的な被害をもたらし、多くの住宅が損壊したほか、一部地域が停電し、数カ所で地滑りが起きた。観光名所だった岩のアーチ「プンタ・ベンターナ」も崩壊した。少なくとも1人の死亡が確認され、知事が非常事態を宣言した。(参考記事:「プエルトリコ、「最強」ハリケーンの被災地は今」

 米国大学間地震学研究連合(IRIS)の地震地質学者ウェンディー・ボーハン氏は「プエルトリコの人々は多くの困難に直面しています」と語る。「建物は壊れ、当然ながら、人々は恐れています。今も地震が続いているためです。彼らは来る日も来る日も地震を感じています」

 しかも、余震が続く可能性は高く、研究者たちは今後の予想を立てるため、最近起きた地震の調査を進めている。

「ごく狭い範囲で、複雑な地殻の活動がいくつも起きています」とボーハン氏は話す。

次ページ:板挟みのプエルトリコ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の謎

研究者が悩む99の素朴な疑問

研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加