変わるアフリカのサファリ 旅人をひきつける理由

ルワンダの火山国立公園は、残り少なくなったマウンテンゴリラ保護区のひとつ。近隣にある「シンギタ・クウィトンダ・ロッジ」は、生息地の再生活動を通じて、絶滅の危機に瀕するこの動物の保護に貢献している。(PHOTOGRAPH BY CHRIS WHITTIER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー