論争中の恐竜、実は若いティラノサウルスだった

ティラノサウルス・レックスは、骨まで砕く巨大な肉食恐竜だった。だが未成熟個体のものと見られる化石は、彼らが10歳代の頃には、ナイフのような歯を持つスリムで俊足の捕食者だったことを示唆している。(ILLUSTRATION BY JULIUS T. CSOTONYI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー