タンザニアのチーター。サウジアラビアとアラブ首長国連邦では、富豪が見せびらかすためのペットとしてチーターが大人気だ。ソマリランドはチーターの子が密輸される際の中継地になっている。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 ソマリランドはアフリカ大陸東端の「アフリカの角」にある国連未承認国家だ。2018年9月、この国の首都ハルゲイサの法廷で画期的な判決が出された。チーターの子6頭を違法に輸出しようとした2人の男に、3年の懲役刑が言い渡されたのだ。欧米ではほとんど報道されていないが、これは、この地域で横行するチーターの密輸に対する最初の有罪判決となった。(参考記事:「動物大図鑑 チーター」

 英ロンドン動物学会のシニアフェローであるサラ・デュラント氏は、ソマリランドに隣接した内陸国の「エチオピアに残っているチーターはおそらくわずか数頭で、アフリカの角全体でもせいぜい300頭でしょう」と言う。「ですから、今回の判決は大きな前進です。チーターの違法取引に対する抑止力となり、打撃を与えられるでしょう。けれども、いまだに多くのチーターがソマリランド経由で密輸されていることは大きな問題です」

 ソマリランド経由で密輸されるチーターの子の数を推定するのは、非常に難しい。チーターの違法取引はごく秘密裏に行われているため、しっかりしたデータがないのだ。世界のチーターの研究・保全活動を主導するナミビアの「チーター保全基金(Cheetah Conservation Fund)」のアシスタントディレクターであるパトリシア・トリコラーチェ氏は、ソマリランド経由で密輸されるチーターは年間少なくとも330頭、もしかすると500頭ほどになるかもしれないと考えている。(参考記事:「追い詰められるチーター」

ソマリランドで押収されたチーターの子。「羽根のように軽い(Light as a Feather)」という名前をもらい、首都ハルゲイサの救助センターで元気に過ごしている。(COURTESY CHEETAH CONSERVATION FUND/LAURA OROZCO)

 チーターの子は、ソマリランドからボートでアデン湾を横断してイエメンに渡り、そこから陸路でアラブ首長国連邦かサウジアラビアに運ばれる。トリコラーチェ氏によると、密輸されたチーターの子の3分の2は輸送中に死んでしまう。生き残ったものは、主にインターネットで、暇をもてあましている富豪の究極のアクセサリーとして販売される。富豪たちはペットのチーターがSUVの助手席や高速モーターボートに乗っている写真をSNSに投稿する。チーター保全基金によると、2012年2月から2018年7月までの間に、1367頭ものチーターがインスタグラム上などで、かなりの額で売りに出されたという。(参考記事:「珍しい動物のペットが中国で人気上昇、心配の声も」

 日本の国土の約半分ほどの大きさしかないソマリランドが、チーターの密輸との闘いの先頭に立とうとするのは意外なことに思われる。国民一人当たりのGDPは世界で下から4番目の低さだ。それなのになぜ、貴重な資源や人的資源をチーターの保全に割くのだろうか?

 トリコラーチェ氏はその理由の1つについて、こう説明する。「野生生物の違法取引は社会に悪影響を及ぼします。エコツーリズムや小規模企業のような経済活動を育む安全な環境が整えられなくなるからです」(ちなみに、トリコラーチェ氏はメキシコ生まれで、米ニューヨークでの高収入の仕事を捨ててチーターを救うための闘いに身を投じた人物だ)。また、厳密な調査による裏付けがあるわけではないが、チーターの密輸に関わる人々は、銃の密輸、人身売買、海賊行為といった、アフリカの角に長年はびこっている犯罪にも関わっているとされる。(参考記事:「ワシントン条約会議が浮き彫りにした9つの現実」

次ページ:密輸との闘いは道徳の改革運動

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ザ・ワイルドライフ・フォト

Wildlife Photographer of the Year10人の巨匠 傑作選

ワイルドライフ写真の最高傑作選。芸術的に美しい保存版写真集。

定価:本体3,600円+税