聖地巡礼ブームが花開かせた尊い美、ロマネスク建築とは

サンティアゴ巡礼路をはじめ数々の世界遺産にも、中世ヨーロッパ

2021.01.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス、トゥールーズの街にそびえ立つサン・セルナン大聖堂の八角形の鐘楼。13〜14世紀にかけて、上階と尖塔が追加された。大聖堂は石造りのロマネスク様式だが、周囲の建物には街の名物である暖色のレンガが使われている。(JACQUES SIERPINSKI/CORDON PRESS)
フランス、トゥールーズの街にそびえ立つサン・セルナン大聖堂の八角形の鐘楼。13〜14世紀にかけて、上階と尖塔が追加された。大聖堂は石造りのロマネスク様式だが、周囲の建物には街の名物である暖色のレンガが使われている。(JACQUES SIERPINSKI/CORDON PRESS)

 11世紀はヨーロッパでキリスト教が勢いを増した時代だった。ローマ教皇庁による教会の改革運動が各地に広がり、キリスト教徒たちはありがたい聖遺物を一目見ようと、ヨーロッパ全域を巡礼するようになる。

 結果、ヨーロッパ各地をさまざまな人や思想、金が行きかうようになった。1095年にローマ教皇ウルバヌス2世の呼びかけで始まった第1回十字軍が、その勢いに拍車をかけた。(参考記事:「中世貴族も旅したヨーロッパの美しい街 25選」

 こうした変化とともに、ある新しい建築様式がヨーロッパに広まった。11世紀のクリュニー修道会の修道士であるラドゥルフス・グラベルの言葉を借りれば、キリスト教の土地が「教会の白いマント」をまとったかのように、よく似た特徴を持つ建物が巡礼路沿いに見られるようになる。

 曲線的なアーチ、頑丈な石の柱、聖書の物語を題材にした豪華な装飾。後の歴史家たちに「ロマネスク(古代ローマ風)」と呼ばれた建築様式だ。基礎となっているのは古代ローマの建築様式「バシリカ」で、建物の構造や装飾には古代ローマの影響が見られるが、大聖堂などの聖なる空間の演出はキリスト教的であり、まさしくヨーロッパにおけるキリスト教の広がりを反映していた。(参考記事:「ナショジオが紹介した世界の聖地」

ギャラリー:重厚で尊くて美しい、中世欧州のロマネスク建築 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:重厚で尊くて美しい、中世欧州のロマネスク建築 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
イタリア、シチリア島のモンレアーレ大聖堂。ユネスコの世界遺産に登録されている。長方形の広間にコリント式の柱がずらりと並び、その上に曲線的なアーチが連なるスタイルから、古代ローマの公共建築である「バシリカ」を踏襲していることがわかる。イングランドを征服したノルマン人がシチリア島の新しい支配者となった後、1170年代に東西南北のスタイルを融合したこの大聖堂の建設が始まった。モザイクを施したのはビザンティンの職人たち。木製の格天井は、かつて島を支配していたイスラム教徒の様式だ。(ANTONINO BARTUCCIO/FOTOTECA 9X12)

エルサレム、ローマと並ぶ巡礼地に

 ロマネスク様式の広がりと画一性の鍵を握っていたのが、先に書いたように、巡礼人気の高まりだ。ほとんどの巡礼者にとって、聖地エルサレムへの旅はあまりに困難すぎたが、ヨーロッパの中であればはるかに現実的だった。(参考記事:「ムスリムの国のヒンドゥー教徒、泥火山の聖地巡礼 写真28点」

 11世紀に人気を博した巡礼地の一つが、スペインの北西部にある聖ヤコブ(イエス・キリストの十二使徒の一人)の修道院である。言い伝えによれば、9世紀の隠者が、開けた田園地帯で聖ヤコブの墓を指し示す一筋の光を見たという。その場所に建てられた修道院は「サンクトゥス・ヤコブス(ラテン語で「聖ヤコブ」)・デ・キャンプス・ステラエ(「星の野」)」と呼ばれた。一説によると、これが現在の地名であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの由来だという。(参考記事:「トラベルフォト:巡礼者の告解」

 その後、ヨーロッパ全域からキリスト教徒がはるばる聖ヤコブの修道院を訪れるようになり、サンティアゴ・デ・コンポステーラはエルサレムやローマと肩を並べるほど人気の巡礼地となってゆく。

次ページ:ドイツやイングランド、シチリアにまで

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

謎を呼ぶ大建築

有名な世界遺産から、なお発掘が続く謎の多い遺跡まで、人の手で建造されてきた都市・宮殿・モニュメントについて、世界の9カ所を厳選し、その内部に迫ります。

定価:1,980円(税込)

おすすめ関連書籍

世界の美しい聖地

不思議な力を持つ聖なる場所を、美しい大判写真で巡礼。

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加