乳香が採れるボスウェリア種の木は、アフリカ北部、インド、オマーン、イエメンなどに分布しているが、過剰採取のためにその数を減らしつつある。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL MELFORD, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 はるか昔の星の輝く夜、3人の賢者が、厩で生まれたイエスに贈り物を捧げたと聖書にはある。その贈り物とは、黄金、没薬、そして乳香だ。

 乳香は、没薬と同様に、黄金と同じくらい高い価値があるとされてはいたものの、見つけるのが難しいわけではなかった。良い香りを放つこの樹脂を分泌する木は、聖書の舞台となった土地にも、それ以外の地域にも広く分布していたからだ。

 それから2000年後、アフリカ、ソマリアの生態学者アンジャネット・デカルロ氏のチームは、まだ手つかずの乳香の木が生えているという場所を目指して、ソマリランド(国家として国際的な承認を得ていないソマリア北西部の自治区)の街ユッベの近くにある山に登った。ところが、現場に到着した彼らを待っていたのは衝撃的な光景だった。

 そこに生えている木は、一本残らず、上から下までびっしりと切り傷に覆われていたのだ。

重宝されてきた香料

 森を思わせる甘い香りを放つ乳香は、世界で最も古くから取引されてきた商品のひとつで、5000年以上の歴史を持つ。現在では、毎年何万トンもの乳香が市場に出回り、カトリックの司祭が使用する香、香水の材料、自然薬品、さらには精油(エッセンシャルオイル)として重宝されている。(参考記事:「イスラエルの墓地から多神教の祭壇出土」

 乳香は主に、ボスウェリア属に属する5種ほどの木から採れる。これらの木の産地はアフリカ北部や西部、インド、オマーン、イエメンなどだ。木の幹に切り込みを入れると、樹液がにじみ出て、じきに固まる。この樹脂が、乳香として採取される。(参考記事:「「インド洋のガラパゴス」ソコトラ島に迫る危機」

乳香は香(インセンス)、自然薬品、香水、精油(エッセンシャルオイル)として使われる。(PHOTOGRAPH BY EDWIN REMSBERG, VWPICS/UNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 乳香の木を健康に保つには、切り込みを入れるのを年12回以下に抑える必要があると、乳香の保護を目指すプロジェクト「セーブ・フランキンセンス」を主導しているデカルロ氏は語る。しかし、ソマリランドの山では、1本の木に120カ所もの切り込みがあった。切り込みからにじみ出る樹脂はかさぶたのような役割を果たし、傷を保護して治癒を促す。

 デカルロ氏は言う。もし人間の体に切り傷ができても、「一度なら絆創膏を貼っておけば問題ありません。しかし、何度も繰り返し切り傷ができたなら、感染症に非常にかかりやすくなります。免疫系は体をなんとか救おうとして傷つき、崩壊してしまうでしょう。これは乳香の木にとっても同じことです」

次ページ:精油市場が爆発的に成長し…

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

心に響く 樹々の物語

ナショナル ジオグラフィックの写真家が、2年をかけて五大陸をまわり、物語のある美しい樹木を集めました。

定価:本体2,750円+税