米インコの絶滅、やはり人間が原因か、DNAで判定

カロライナインコ(Conuropsis carolinensis)の標本。スペイン、ジローナの個人コレクションの中で保管されていた。20世紀初頭に収集されたと考えられている。(PHOTOGRAPH BY MARC DURÀ)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー