4.4万年前の洞窟壁画を発見、最古の狩猟シーン

スラウェシ島南部の洞窟の壁に描かれた人間のようなもの。幅は12cm。ヒゲイノシシの頭上に浮かぶように描かれ、両腕は細長い何かとつながっている。壁画は4万4000年前のもので、狩人と思われるこの人物には太くて短い尾があるように見える。(IMAGE BY RATNO SARDI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー