噴煙を上げるニュージーランド、ホワイト島(ファカアリ島)の活火山。2019年12月9日撮影。(PHOTOGRAPH BY JOHN BOREN, GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ニュージーランド北部のプレンティ湾に浮かぶ小さな火山島ホワイト島(マオリ名ファカアリ島)が、現地時間の12月9日午後2時11分に噴火した。爆音が鳴り響く中、噴煙は3600メートル以上の高さまで到達し、高温の噴石を降らせた。わずか数分の出来事で、その後は一帯に静寂が戻った。

 当時、多数の旅行者がホワイト島を訪れており、火口のすぐそばにも人がいた。12日時点で、8人の死亡が公式に確認されており、8人が行方不明だ。「最悪のシナリオです」と、ニュージーランド、オークランド大学の火山学者兼地球科学者シェーン・クローニン氏は語る。

 噴火のタイプこそ取り立てて珍しいものではないが、前触れがなく不意打ちだった点は特徴的だ。ホワイト島のケースとよく似る噴火は、日常茶飯事とは言わないまでも世界各地で起きている。今回のように、はっきりとした兆候がない中での噴火は、いつ起きても不思議ではないのだ。(参考記事:「予知できる噴火、できない噴火」

 米スミソニアン協会の全地球火山活動プログラム(GVP)の火山学者ジャニーン・クリップナー氏は「人々がまずいタイミングにまずい場所にいたケースです」と話す。「実際に起きると惨事になりますが、同様の出来事はこれからも繰り返されてしまうでしょう」

 なぜ今回の噴火は予測できず、死者が出る結果となったのか。事実を基に振り返ってみたい。

目に見えない前兆

 ホワイト島は海底火山の頂上にあたる。全地球火山活動プログラムによれば、極めて活発な火山で噴火の規模は中程度が多く、噴火のタイプは多岐にわたる。(参考記事:「ニュージーランドは第8の大陸、研究者が提唱」

 非常に活発なうえ、多くの旅行者が訪れるため、ホワイト島は厳重な監視下に置かれている。火山の爆発が近づいている兆候を突き止めようと、科学者たちが常に目を光らせてきた。

参考ギャラリー:大迫力、空から至近距離で撮ったハワイの溶岩 写真10点(画像クリックでギャラリーへ)
米国ハワイ島、キラウエア火山から流れる溶岩流。ドローンを使って撮影した。(PHOTOGRAPH BY EREZ MAROM)

次ページ:火山の圧力鍋

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税