クジラの胃に100kgのごみ、なぜプラごみ食べる?

スペインの埋立処分場で餌をあさるシュバシコウ(コウノトリの仲間)。ごみの山から1年を通して食物を見つけられるため、もはや渡りを行わなくなった。(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】