七面鳥が米国北東部で爆発的に増加、なぜ?

再導入した25羽が約40年で4万羽に、特に郊外で増えて問題も

2019.12.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米マサチューセッツ州ウェスト・ニューベリー町の私道を歩くシチメンチョウの集団。(PHOTOGRAPH BY FRANK VETERE, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 米ニューハンプシャー州では、シチメンチョウ(七面鳥)の姿はおなじみのものだ。彼らが道路脇を闊歩し裏庭を通り抜ける光景は、州のそこかしこで見られる。(参考記事:「動物大図鑑 シチメンチョウ」

 テッド・ウォルスキー氏は誰よりもそのことをよく知っている。なぜなら、彼が仕掛けたことだからだ。

 1975年、ニューハンプシャー州漁業狩猟局の生物学者だったウォルスキー氏は、州西部の町ウォルポールで、トラックの荷台から25羽のシチメンチョウを放した。森林破壊と行き過ぎた狩猟によって、南北戦争以前という昔にニューイングランド地方、すなわち米国北東部で姿を消したシチメンチョウを再導入する試みだった。

「もともと、数千羽の域を超えるとは思ってもみませんでした」と、40年余り経った今も同じ職についているウォルスキー氏は振り返る。ニューハンプシャー州のシチメンチョウの数は当初の予想をはるかに超えて爆発的に増え、数千羽どころか4万羽程度となっている。この数は再導入以来最も多く、また州が対応できる上限だろうと考えられている。周辺の州や米国内の他の地域でも同様の事態だ。メイン州では6万羽、バーモント州では4万5000羽、マサチューセッツ州では2万5000羽。アラスカ州を除く米国全域で、毎年600万羽が繁殖している。(参考記事:「絶滅危惧種の「野生復帰」とはどんな取り組みなのか」

 いったいなぜ、シチメンチョウは米国で史上最も成功した野生動物再導入の1例となったのか? 考えられる理由は、彼らが驚くほど、そして予想外に人間の近くで暮らすことに長けていたからだ。

 シチメンチョウは市街地の郊外に暮らし、そうした境界ならではの恩恵を受けている。森林も開けた土地もあるうえ、人間が提供する無限の食物(特に鳥用の粒餌)にありつけるのだ。シチメンチョウの生息地のほとんどから、オオカミやピューマなどの捕食動物がいなくなってしまっていることも有利に働いている。(参考記事:「北米の野鳥、気候変動で半数が絶滅危機」

「40年前に、郊外や都市部がシチメンチョウだらけになるなんて予想した人はいなかったはずです」と話すのは、マサチューセッツ州漁業野生生物課の野生生物学者、デビッド・スカーピッティ氏だ。「けれど、彼らが一時的な存在でないことは明らかです」

次ページ:シチメンチョウ問題

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※当サイトから日経BP SHOPにお申し込みいただいた場合に限りバッジが付きます。なお、バッジは無くなり次第終了となります。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加