「特別レポート:南アフリカ、ライオン牧場が抱える深い闇」の最終回。当局によれば、ライオン受難の背景にはアジアのトラの骨人気が関連している。合法なライオンの骨取引が、全ての大型ネコ科動物を危険にさらしているという。

第1回 残酷な飼育で摘発、悪名高きライオン牧場の実態は
第2回 ライオンをあえて苦死させる業者たち、戦慄の光景

ピエニカ・ファーム主のジャン・スタインマン氏も会員になっている南アフリカ捕食動物協会の基準によれば、囲いは「ライオンの通常の行動を阻害せず」「快適な保護環境で」「適度に刺激を与えるもの」と定められている。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 ライオンの骨とトラの骨の違いを誰が見分けられる?

 10年以上前、ライオンも飼育している中国のトラ牧場を訪れた、野生生物取引を研究する活動家マイケル・ツサスロルフェス氏に、そう聞いてきた人がいるそうだ。

 この質問が、ライオンの骨が取引される理由を表している。

 野生のトラは、主に密猟や生息地の消失が原因で4000頭以下まで減少しているが、その骨はアジア、特に中国で珍重されている。虎骨(ここつ)酒は滋強剤として、また軟膏の虎骨膏は、リウマチや腰痛などに用いられる。(参考記事:「【動画】潜入!トラ闇取引の現場、解体して販売」

 1993年に、中国がトラの骨の使用を禁じると、それを機にライオンの骨の取引が始まった。「アジア人が南アフリカまで出かけてくるようになりました。そして、『ライオンを狩っているそうですが、骨はどうするつもりですか。何なら私たちが買い取りましょう』と持ち掛けたんです」

 ライオンの骨は、トラの骨の安い代替品として売られるが、時にはトラの骨と称して何も知らない客に高く売りつけられることもある。野生生物取引を監視する団体のトラフィックが、2018年に公開した報告書によると、トラの骨の方がライオンの骨よりも優れていると信じている人は多い。(参考記事:「米国で飼育されるトラ、その痛ましい現状とは」

 同じ年に出された南アフリカの動物保護団体EMS基金とバン・アニマル・トレーディングによる報告書では、輸出業者がライオンの骨の数を過少申告していると指摘されている。ライオン1頭分の骨の重さはおよそ9キロだが、1頭分と申告されていた輸出用のライオンの骨を10個選んで調査してみたところ、11~30キロもあったという。

次ページ:ジャガーやヒョウの密猟も…

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年12月号

エルサレム 地下の迷宮へ/プラスチック依存/米国のトラたちの悲鳴/アフリカの自然公園/ヒマラヤ 危険な氷河湖

2019年を締めくくるカバーストーリーは「エルサレム 地下の迷宮へ」。複雑な歴史を持つエルサレム。この地下に眠る貴重な遺跡を巡り、論争が起きています。そのほか、米国で飼育されるトラの実態に迫る「米国のトラたちの悲鳴」、地球温暖化で急速に解けだした「ヒマラヤ 危険な氷河湖」など、特集5本を掲載!

定価:本体1,028円+税

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税