サビンユビワレヤモリ(学名Phyllodactylus andysabini)。生息域は1つの火山の250平方キロ足らずだ。(PHOTOGRAPH BY LUCAS BUSTAMANTE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ガラパゴス諸島は、ゾウガメやウミイグアナなどユニークな爬虫類で知られている。このリストに新種のヤモリが3つ追加された。そのうち1種は、1つの火山のみに生息する希少種だ。

 米国とエクアドルの爬虫両生類学者から成るチームがウォルフ火山への過酷な遠征中、ユビワレヤモリの新種を発見した。ウォルフ火山はガラパゴス諸島最大のイサベラ島にあり、5つ連なる火山の中で最もアクセスが難しい。

 爬虫両生類学者のアレハンドロ・アルテアガ氏は「遠征には膨大な費用と時間がかかり、到着しても、火山を登らなければなりません。火山を探索するのは本当に大変で、しかもチームは大所帯です」と語る。アルテアガ氏はエクアドルを拠点に研究とエコツアーを行う「トロピカル・ハーピング」の科学ディレクター。トロピカル・ハーピングはガラパゴス諸島の爬虫類を図鑑にまとめるため、全爬虫類の記録を3年にわたって主導した。

 アルテアガ氏によれば、チームがウォルフ火山の調査に向かった目的はヤモリを探すことではなく、約10年前に正式に記載されたピンクのリクイグアナを写真に収めることだった。ただし、新種の爬虫類が見つかるかもしれないという腹づもりはしていた。(参考記事:「新種のピンクイグアナ発見」

【動画】新しく発見されたヤモリ(解説は英語です)

 予感は的中した。研究者たちは、火山で見つかった新種をサビンユビワレヤモリ(学名Phyllodactylus andysabini)と名付けた。名前の由来は米国の慈善家アンドリュー・サビン氏。サビン氏の非営利財団から遠征資金の援助を受けていたためだ。ユビワレヤモリ属は、イチョウの葉に似た指をもつのが特徴だ。

 複数の国際NPOから資金援助を受けた3年間のプロジェクトで、チームはガラパゴスに生息するユビワレヤモリの種数を12に増やした。1種を除いてすべてガラパゴスの固有種だ。(参考記事:「目立たない新種ヤモリを発見、インド・トラ保護区」

 ガラパゴス諸島に固有の爬虫類は48種。そのうち約半数が危機にさらされているため、今回のような調査は極めて重要だ。固有種を深く理解し、どこに生息しているかがわかれば、科学者や政府はより効果的な保護戦略を策定できる。例えば、サビンユビワレヤモリの生息域は250平方キロ足らずで、溶岩流に襲われる危険が常にある(ウォルフ火山が最後に噴火したのは2015年)。

「しかも、一帯にはネコやクマネズミなどの外来種もいます。危険度を評価するなら、間違いなく絶滅危惧種です」とアルテアガ氏は話す。

ギャラリー:地球の奇跡!目を疑うほど色彩豊かな動物たち 写真42点
ヤモリ(Photograph by Josh Heidebrecht, National Geographic Your Shot)

次ページ:さらなる新種

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税