米国で飼育されるトラ、その痛ましい現状とは

米国でトラの繁殖や取引がさかんな背景には、娯楽としての需要がある

2019.12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集フォトギャラリー5点(画像クリックでリンクします)
マートルビーチ・サファリで、ぬいぐるみと遊ぶ幼いトラに観光客が目を細める。だが、トラの子を絶えず供給する繁殖のからくりや、成長して人前に出せなくなったり、展示にも繁殖にも使えなくなったりしたトラの運命を、観光客は知らないだろう。PHOTOGRAPH BY STEVE WINTER

 19世紀末、アジアには約10万頭のトラが生息していたが、その後、インドで娯楽としての狩猟の標的となるなどして数が激減した。生息域は狭まる一方で、住民との摩擦も起き、密猟も後を絶たない。現在の生息数は約3900頭で、大型ネコ科動物としては最も絶滅が危ぶまれている。

 しかし米国内では現在、世界に生息する野生の個体数を上回るトラが飼育されているという。国際動物福祉基金によると、米国で飼育されているトラは推定5000~1万頭。正確な数字は政府も把握しておらず、大型ネコ科動物の所有を規制する包括的な連邦法も存在しないという。

 米国でトラの繁殖や取引がさかんな背景には、娯楽としての需要がある。幼いトラに触り、餌を与え、一緒に写真を撮るアトラクションは特に人気で、繁殖業者は絶えずトラの子を供給している。そうした商業活動も、州によっては農務省の認可さえ下りれば違法ではなく、「動物福祉法」に定められた最低限の飼育基準が守られていればよいが、実際には多くの施設では虐待が横行し、さまざまな違法行為が繰り返されていた。

「ロードサイド・ズー」と呼ばれ、サファリパークや祭り、動物を展示する商業施設などでは、幼いトラ、特にホワイトタイガーの子の人気が高い。たとえば、10~100ドル(約1100~1.1万円)支払えば、一緒に写真を撮ったり、5分間抱いたりできる。トラの子と触れ合える3時間のツアーは、1人700ドル(約7.7万円)ほどだ。この収益で野生のトラを救えると言われることも多く、客は満足気にトラとの自撮り写真をソーシャルメディアに投稿する。

おとなになったトラは姿を消す

 だが幼いトラたちがどこから来たのか、これからどうなるのかは誰も知らない。野生の雌は2年に1回出産するが、人工繁殖が目的の「トラ牧場」では、1年に2~3回子を産まされる。生まれた子はすぐに母親から引き離され、目も開かないうちに売られることもあると、トラに詳しい獣医ジェニファー・コンラッドが教えてくれた。十分な食べ物も与えられず、どれぐらいの数が死んでいるのかは見当もつかない。

 トラの子と触れ合えるのは生後3~4カ月まで。体が大きくなったら触るのは危険だ。そうしたトラは繁殖や展示に使われることもあるが、それ以外は姿を消してしまう。ロードサイド・ズーなどの施設では、余分なトラを殺していることも確認されている。殺されたトラは剝製にされるか、解体されて毛皮、歯、爪、骨格が売られる。米国の「種の保存法」では、それらを純粋な商業目的で州をまたいで販売・移動することは禁じられている。

 ところが米国内には、遠くアジアにまで通じる密輸ネットワークがある。最近では、ライオンとトラの体の一部を密輸したとして、ニューヨーク市に住むアロンクロン・マラスクムが有罪判決を受けた。彼は陶器や玩具と偽って68箱をタイに送ったことを認めていて、裁判記録によれば、彼の自宅からはトラの頭骨、歯、爪、それに象牙が押収されたという。

※ナショナル ジオグラフィック12月号「米国のトラたちの悲鳴」では、米国で飼育されるトラたちの知られざる実態をレポートします。

文=シャロン・ガイナップ/ジャーナリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加