絶滅危惧チーター研究者6人にスパイ罪、イラン

背景に米国の大型ネコ科動物保護団体との連携

2019.11.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イランで逮捕された野生動物研究者らは、絶滅の危機にあるアジアチーターを研究していた。個体数が少なく、人目を避けるように暮らしているため、唯一信頼できる記録方法としてカメラトラップが用いられている。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 イランの首都テヘランの裁判所は20日、スパイ容疑で起訴されていたチーター研究者6人に有罪判決を下し、6〜10年の実刑を言い渡した。

 研究者らは全員、テヘランに拠点を置く非営利の自然保護団体、「ペルシャ野生動物遺産財団(PWHF)」の職員。PWHFは絶滅危惧種であるアジアチーターをはじめとする野生動物の保護に取り組んでいる。彼らは2018年初頭に逮捕され、2年近く拘置所で過ごしてきた。イスラム革命防衛隊の情報機関が、敵国のためにスパイ活動を行ったとして研究者らを告発していた。(参考記事:「追い詰められるチーター」

 PWHFの創設者モラド・タバズ氏とプログラム責任者のニルファー・バヤニ氏は刑期10年、フーマン・ジョウカー氏とタヘル・ガディリアン氏は8年、セピデ・カシャニ氏とアミールホセイン・カレギ・ハミディ氏は6年の判決を受けた。アブドルレザ・クーパイエ氏とサム・ラジャビ氏の判決はまだ出ていない。

 英国を拠点にするペルシャ語のテレビ放送「Iran International」は、判決は弁護士の立ち会いなしに言い渡されたと伝えている。

イラン、ネイバンダン野生生物保護区を歩くペルシャ野生動物遺産財団(PWHF)のスタッフとアジアチーター保護プロジェクト(CACP)のレンジャー。ここではアジアチーターの大きな個体群が保護されている。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 PWHFの事務局長を務めていたカボウス・セイエド・エマミ氏は、2018年、拘留中のエビーン刑務所で死去した。息子であるメラン・セイエド・エマミ氏はメール取材に対し、「自然環境と野生生物の保護に人生をささげてきた友人たちが告発されたこと自体、残念でたまりませんが、驚いたことに、何一つ証拠が提示されないまま、彼らは過大な判決を受けたのです」と述べている。家族は独立機関による調査を繰り返し求めているが、いまだ実現していない。

 拘束された研究者のうち4人は当初、「地上に腐敗を広める行為」の嫌疑をかけられていた。有罪が確定した場合、極刑に処される行為だ。10月中旬、理由は不明だが、この容疑での起訴は取り下げられた。審問は非公開だったため、詳細はほとんどわかっていない。しかし、イラン人権センターによれば、ニルファー・バヤニ氏は証言台で、拘留中に心理的、肉体的な拷問、薬物を使った拷問を受けたと主張している。この証言は司法プロセスの公正性に疑問を投げ掛けるものであり、自白を強要された可能性も十分ある。

身柄を拘束された8人のうち7人。左上から時計回りに:モラド・タバズ氏、アミールホセイン・カレギ・ハミディ氏、タヘル・ガディリアン氏、サム・ラジャビ氏、フーマン・ジョウカー氏とセピデ・カシャニ氏(ツーショット写真)、アブドルレザ・クーパイエ氏。(PHOTOGRAPHS COURTESY MEHRAN SEYED-EMAMI)
[画像のクリックで拡大表示]

 セイエド・エマミ氏によれば、イラン政府の情報省(革命防衛隊の情報機関とは別物)、国家安全保障最高評議会、環境省などがPWHFと連携しながら調査を行ったが、研究者らがスパイに関わっていたことを示唆する証拠は見つからなかったという。

 一緒に働いていた研究者や自然保護活動家は同僚たちの疑惑を否定したうえで、ある政治的な意図を持つ1人の支援者によって、PWHFの純粋な保護活動は危機的な状況に陥ったと主張している。

次ページ:保護活動と政治の衝突

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加