ギリシャのたった1つの島でしか育たない癒しの木

ギリシャでは「ヒオス島の涙」として知られるマスティハは、透き通った樹液のしずくが次第に硬く、不透明になっていく。口に入れると最初は苦いが、噛むほどに森林を感じさせるハーブの香りが広がる。(Photograph by AGE Fotostock, Alamy Stock Photo)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー