ギリシャのたった1つの島でしか育たない癒しの木

ヒオス島でマスティックノキから樹脂を集めるヴァシリス・バラス氏と妻のロウラ・ボウラ氏。年間を通したマスティハの栽培過程は大昔からほとんど変わっていない。(Photograph by Eirini Vourloumis, The New York Times/Redux)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー