【動画】枝から枝へジャンプするヘビ、ほぼ滑空?

飛び移る行動の実証に成功、「空飛ぶヘビ」の謎解明に一石、ブロンズヘビ

2019.11.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】樹上でジャンプする野生のブロンズヘビ
このコモンブロンズヘビ(Dendrelaphis pictus)は滑空しないが、最も近縁なグループのトビヘビは滑空する。そのため、コモンブロンズヘビのジャンプの研究は「空飛ぶヘビ」の謎の解明につながると期待されている。2010年にマレーシアで撮影。

 木の上に暮らすヘビには、手も足もないが、確実な「近道」がある。

 枝から枝に渡るルートだ。その際、体重を支えるのに十分な大きさのものに触れるまで、体の前半分を持ち上げて伸ばす「橋渡し」という行動を見せるヘビが多い。

 だが、アジア原産のトビヘビ属の5種は、もっとすごい技を持っている。空中で体を平べったくして、ムササビのように木の上から最大100メートルも滑空できるのだ。(参考記事:「動物大図鑑 トビヘビ」

 そして今回、オーストラリアに生息するブロンズヘビ属が、実際に空中にジャンプできるという新たな証拠が得られた。ブロンズヘビはトビヘビの近縁種だ。

 野生のコモンブロンズヘビ(Dendrelaphis pictus)が飛び跳ねる行動は、米バージニア工科大学教授のジェイク・ソチャ氏が2010年にすでに撮影していた。ただし、その詳細はほとんど研究されていなかった。ソチャ氏の研究室に所属していた博士課程の学生で、ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーでもあるミシェル・グラハム氏は、このヘビについてもっと知りたいと興味を抱いた。(参考記事:「トビヘビはどのように“飛ぶ”のか」

 そこで、グラハム氏はオーストラリアを訪れた。野生のブロンズヘビを捕まえ、塩ビ製のパイプや木の枝で実験室に森を再現し、ヘビが飛ぶ姿をGoProカメラで撮影した。

「基本的には、ヘビ用の小さなジャングルジムのようなものです」と同氏は話す。

 ヘビがどのように移動しているのかを研究することで、動物の移動方法の多様性について、多くのことが明らかになってきた。それは、こうした奇妙な行動がどのように進化してきたかという謎の解明にもつながっている。

【動画】トビヘビ対トビトカゲの攻防

次ページ:逃げるため? 普通の移動? 面白いから?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加