ベネチアで記録的な洪水、過去50年で最悪

恒例行事と片付けてはいけない、年々深刻に

2019.11.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太ももまである長靴を履き、水没したサン・マルコ広場を横断する人々。イタリア、ベネチアの街は53年前に次ぐ観測史上2番目の水位を記録した。(PHOTO BY MARCO BERTORELLO, AFP/GETTY)
太ももまである長靴を履き、水没したサン・マルコ広場を横断する人々。イタリア、ベネチアの街は53年前に次ぐ観測史上2番目の水位を記録した。(PHOTO BY MARCO BERTORELLO, AFP/GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 イタリアのベネチアが記録的な洪水に見舞われている。嵐と高潮が原因で、53年前に次ぐ観測史上2番目の水位を記録。世界有数の観光都市の大部分が水没している。(参考記事:「ミステリアスで美しい、ベネチア・カーニバルの魅力」

 ベネチアでは例年11〜12月にアクア・アルタと呼ばれる異常潮位が発生する。季節風によってベネチアを取り巻く潟(ラグーナ)の水量が増し、運河や配水管を逆流。あふれ出た水が街を水浸しにする。今回は1.8メートル超と、観測史上最も水位が上昇した1966年に次ぐ値を記録した。

 ベネチアでは、街が水浸しになると、サン・マルコ広場に高床式の歩道が設置される。しかし、複数の報道によれば、歩道はすでに撤去されているという。あまりに水位が高く、歩道が押し流される危険があるためだ。

 2018年にも、高潮と大嵐が原因で、歴史的な都市の75%が水没している。(参考記事:「2018年、水の都ベネチアが洪水で水没 悪天で高潮が発生」

ギャラリー:2018年のベネチア洪水 写真11点
ギャラリー:2018年のベネチア洪水 写真11点
水浸しの店で一服するベネチア市民。(PHOTOGRAPH BY GIACOMO COSUA, NURPHOTO VIA GETTY IMAGES)

 毎年のように水没するベネチアだが、恒例行事と片付けてはいけない。世界的な気候変動と海面上昇の影響で、ベネチアの洪水は年を追うごとに深刻さを増している。

 地中海沿岸は21世紀末までに海面が1.5メートルほど上昇するとも予測されている。もしそうなれば、海抜の低いベネチアは、現状の年平均4回より高い頻度で水害に見舞われる恐れがある。

 ベネチアのリーダーたちは街を救うため、2003年に野心的な計画を始動。可動式の防波堤で街とラグーナを守る地球工学プロジェクトMOSE(電気機械実験モジュール)だ。しかし、数十年前の技術をベースにした計画であるうえ、予算超過と汚職の問題に悩まされている。

 防波堤は2011年に完成する予定だったが、複数の関係者によれば、少なくともあと3年はかかる見込みという。(参考記事:「観光客の波がベネチアを台無しにする?」

イタリアのベネチアが過去50年で最悪の洪水に見舞われた。昨年も史上5番目の規模と、年を追うごとに深刻さを増している。

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=NATIONAL GEOGRAPHIC STAFF/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

絶対に住めない 世界のゴーストタウン

町まるごと廃墟!どうしてこうなった?世界中にある101カ所のゴーストタウンを美しい写真とリアルな物語で紹介した写真集

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加