絶滅寸前の有袋類、化石の地への移住で保護へ、豪

分断されたブーラミスの生息地、山地から化石時代に仲間が繁栄した低地に

2019.11.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春、オーストラリアの動物園で、飼育員に温められて冬眠からの目覚めを促されるオスのブーラミス(Burramys parvus)。(PHOTOGRAPH COURTESY ZOOS VICTORIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブーラミス(Burramys parvus)はネズミに似た有袋類で、長らく化石でしか知られていなかった。ところが、1966年にオーストラリア、ビクトリア州のホーサム山にあるスキー場で、生きた個体が発見された。これは皮肉なめぐり合わせだった。数カ所の山岳地にしか生息していないブーラミスを、絶滅の危機に追いやる原因の1つがスキーリゾートの開発だからだ。(参考記事:「ブーラミス、超希少動物2013」

 ブーラミス(とスキーヤー)を脅かすもう1つの問題は、気候変動だ。温暖化により積雪が減少すると、巣穴で冬眠するブーラミスが冬の冷たい風にさらされ、凍死してしまう。また、干ばつの増加により、ブーラミスの大好物であるボゴンガという脂肪分の多い蛾が激減してしまった。ただし、彼らはマキ科の樹木の真っ赤な実と堅い種子も好んで食べる。

 このような危機にさらされたブーラミスは現在、2000〜3000匹しか生き残っておらず、IUCNの「近絶滅種(Critically Endangered)」に指定されている。「雪の少ない冬が2年続けば、地球上からいなくなるおそれがあります」と、オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学の古生物学者マイケル・アーチャー氏は言う。(参考記事:「哺乳類の多様性、回復に数百万年、今の大量絶滅で」

 化石の記録から考えると、ブーラミスの直接の祖先は、標高が低く雨の多い森林にすんでいたようだ。ここから1つの計画が生まれた。2019年11月4日付けで学術誌「Philosophical Transactions of the Royal Society B」に発表された論文では、ブーラミスの保全のために、山にすむ個体の一部を低地雨林に移すことが提案されている。

 アーチャー氏によると、約2500〜1500万年前まで、ブーラミスと最も近縁な仲間たちは山岳地ではなく森林で栄えていたという。それどころか、ブーラミスの祖先たちはずっと「冷涼な低地雨林」で暮らしていたようだ。

 かつてそこで暮らしていたのなら、再び暮らしてもいいのではないか?

次ページ:祖先との奇妙な共通点

おすすめ関連書籍

2019年10月号

消えゆく生命のポートレート/大海原で生き続ける/キリンの引っ越し/ガラス瓶の中の魚たち/恐竜化石は誰のもの?

かつて地球にぶつかった小惑星が大量絶滅をもたらしたように、今、人類が生き物たちの大量絶滅を引き起こしつつある。私たちは何を知るべきなのか、今月は一冊まるごと「絶滅」を考える。特製付録付き!塗り絵ブック「地球に生きる仲間たち」

価格:本体1,083円+税

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加