パリ協定の目標を達成できる国はわずか、報告書

失敗の代償は全人類に、「未曽有の人的被害」との論文も

2019.11.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダにあるこの写真のようなオイルサンドの精製所は、従来型の原油精製よりも多くの温室効果ガスを排出する。気候変動による壊滅的な影響を回避するなら、石油にとってかわる再生可能で炭素排出のないエネルギー源が必要であると、最新の報告書は主張する。(PHOTOGRAPH BY AARON HUEY, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年のパリ協定では、産業革命以前と比べて、地球の平均気温の上昇を2℃未満に抑えることに各国が合意した。この数値を実現するために、世界184カ国が掲げた二酸化炭素排出量の2030年までの削減目標は、十分というにはほど遠い。一部の国はそれでも目標を達成できず、しかも上位の排出国のいくつかは、この先も排出量を増やし続けることを、世界的な気候科学者の一団がこのほど明らかにした。(参考記事:「【解説】COP21「パリ協定」勝ち組になったのは?」

 今月発表されたその報告書「The Truth Behind the Paris Agreement Climate Pledges(パリ協定の気候目標に隠された真実)」によると、二酸化炭素排出の削減に失敗すれば、人間が原因の気候変動による異常気象や新たな気候パターンにより、2030年には世界は1日あたり最低でも20億ドル(約2175億円)の経済的損失を被ることになるという。また、人々の健康、生命、食、水、そして生物多様性もが脅かされる。

「パリ協定の数値を達成するには、世界中の国が2030年までの削減目標を2倍、3倍にしなければなりません」と、今回の報告書の共著者で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の元議長でもあるロバート・ワトソン卿は主張している。

「排出を削減する技術も知識もあります。欠けているのは、それを実行に移すための十分な政策と規制です。現在、世界は今世紀末までに3~4℃の気温上昇へと突き進んでいます」

 もしそうなれば、自然界からの猛烈な反発が予測される。永久凍土は大量に融解し、広範囲にわたって森林は死滅し、それによってさらに温暖化が加速して歯止めが利かなくなるかもしれない。科学者たちはその状況を「ホットハウス・アース(温室化した地球)のシナリオ」と呼ぶ。海面が今より10~60メートル上昇し、多くの場所で人が住めなくなるような内容だ。(参考記事:「北極圏の温暖化による経済損失、最大7500兆円」

 2℃未満というパリ協定の数値を達成し、ホットハウス・アースを避けるには、世界の二酸化炭素排出量を今後10年間で半分に削減し、2050年までには正味ゼロにしなければならない。オーストリア、国際応用システム分析研究所(IIASA)の元最高経営責任者でエネルギー経済学者のネボイシャ・ナキチェノビッチ氏は、そう指摘する。(参考記事:「地球温暖化、目標達成に残された道はギャンブル」

【動画】気候変動の原因と結果
何が気候変動(地球温暖化)を引き起こしているのだろうか。そして、地球が受ける影響とは。人間によって引き起こされた気候変動の結果、環境や私たちの生活はどうなってしまうのだろうか。

次ページ:「問題の解決には、全員の協力が必須です」

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加